勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第15期 第6回(通算818回)勉強会の模様

 昨日日曜に当サイト主宰教員採用試験対策勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。この時期は、いわゆる「ため」の時期であり、じっくり取り組んでいってます。最初に私の方から教職教養に関する講義をしておりますけれども、多様な考え方に触れられるように、そして、面接の際の発言力を高めるように進めています。

 それゆえに、いわゆる学習指導要領改善答申を素材に3問もマークシートの問題を作成し、その解説を3回にわたって実施しました。おそらくこの答申の重要部分はご理解いただけたと同時に、たとえば主体的、対話的な深い学びをどういうように肉付けし、発言の素にすればよいかを考えられたのではないかと思います。
 今後も問題を素材にいろいろと考え方を増進していくような時間を用意しますので、「教育を考えるきっかけ」にしていただければと思います。

 たっぷり2時間、上のような講義に時間をとったあと、自己売り込みのツボと個人面接練習にすすみました。自己売り込みのツボとは、毎度毎度こちらで書いておりますように、「3分間で自分自身を表現し、面接官に売り込む文面を作成する」というものです。単なる自己紹介ではありません。自己紹介は、面接ではあまり意味がないでしょう。今回、Mさんにチャレンジ゙していただきましたけれども、まあ、ボロボロでした。来週、再チャレンジしていただくことになりました。今回の反省を生かし、みなさんからいただいたコメントを参考に、文面を練ってきてくださいね。

 次に、この早い時期から、個人面接の練習をいたしました。久しぶりに面接練習に触れることになり、なんといいますか、暖機運転のような感じであったでしょうか。調子というものは、そう簡単に100パーセントになりません。徐々によいようになっていくものです。その意味で、今回個人面接の練習にチャレンジしていただいたKさん、間が空いて久しぶりの感覚でがんばっていただいていましたけれども、もちろん万全とはいえないものでした。

 そうした万全でない、という認識を持つことが、この時期において大切なのではないかと思います。いま、どこをどうすればいいのかをみつめることが、後にあわてず準備していくことを可能にします。

 時間はすぐに経ちます。みなさん、来週も、がんばりましょう。

(2017年11月19日)

勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ 浩の教室・トップページへ