勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第15期 第22回(通算834回)勉強会の模様

 本日は当サイト主宰教員採用試験対策勉強会を開催いたしました。ご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。

 本日は、まず、マークシート過去問の解答解説からはじめました。1時間程度です。20問近くしか解答解説できませんでしたが、ひょっとすれば知らなかったことなど、知識の補充に役立ったのではないでしょうか。過去の学習指導要領の特色、西洋教育史と日本教育史、教育総合会議、銀行型教育、教育法規なかでも部落解放の解消の推進に関する法律についてなどです。来週はもう今月晦日になりますけれども、ひきつづき、本日残した問題の解答解説を行ないます。資料は忘れず持参ください。

 つづいて、集団面接と個人面接でした。本日実施して思ったことは、個人面接しか受験科目にない方も、一度は集団面接を受けて、個別の単発的質問に応答できる力があるかどうかを自己確認してみることです。集団面接の応答がうまくなることは、個人面接の幅を広げることに必ず役に立ちます。今回、4名の方が集団面接にチャレンジいただきました。20分間で5問だったでしょうか。志望動機ほか、自分が教員に向いているところ、言語活動、ICTについてなどでした。こうした問いにコンパクトに応答できる能力が集積すれば、個人面接に生かすことができるということです。

 個人面接には、7名の方がチャレンジしてくださいました。面接時間は8分、コメント7分の15分の持ち時間です。傍聴のみなさんには、コメントを書いていただいています。これをしっかり書くことも、実はたいへんな勉強になります。人の振り見て我が振りなおせではありませんが、簡潔にしゃべれていないとコメントしたとすれば、果たして自分はそう書けるだけの力を持っているのかどうか、反省を迫られると思います。だから、相手の問題点の指摘は自分の足らないことの再確認でもあると思うのです。こうした作業を繰り返し、自分を高めていくことが大切なのではないでしょうか。

 本日は、Mさんの面接がよかったですね。

 それから、勉強会終了後の珈琲会で申し上げましたけれども、「きょうの自分と来週の自分が同じでは困る」わけです。折角の休日を勉強会にあてているわけですから、これを無駄にせず、次回に生かしきることが大切です。次回は、きょうよりよい自分を見せに来てください。

 受験勉強に王道ありません。


(2018年3月24日)

勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ 浩の教室・トップページへ