勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第15期 第30回(通算842回)勉強会の模様

 週末は、大分県教員採用試験対策の講師として、大分市に行ってまいりました。大分市には、はじめて訪れました。対策会当日にはたいへん多くの受講生にお集まりいただき、ありがたく思っています。このたびの対策会のため会場手配、印刷手配ほか尽力くださった大分県高等学校教職員組合の先生方、お疲れさまでした。ありがとうございました。次回、7月もよろしくおねがいいたします。お集まりくださった受講生の方々は、7月にまた是非、一緒に勉強したく、その際は、今回手渡しました対策資料を持参くださるようお願いいたします。

 資料は100ページ近くあり、消化するのに労力が必要です。講義で申し上げたことを思い返していただきながら、勉強を進めてください。資料に1,2箇所訂正するべき点が発見されました。ご迷惑をおかけしました。資料編集の途上で抜け落ちたところがあったことをお詫び申し上げます。なお、訂正するべきところは板書などで対応いたしましたが、訂正表をすでに手配しております。7月の対策会で手渡しできるようにしております。

 大分から返す刀で次の日は大阪におきまして勉強会を開催いたしました。ようやく、教職教養の対策を今回で終了することができました。秋からの問題演習、冬には次期学習指導要領の解説、そして昨年度の全国の実施試験からいくつか選んでの解答解説を行なってまいりました。だいぶん教職教養については知識技能を身に付けられたと思います。あとはそれを定着そして拡充の方向で、最後まで気を抜かず学習を進めていただきたいです。最後の問題は愛知県の出題でした。どの自治体でもそうですが、正確、精密な判断がないと解けない問題ばかりです。愛知県もそうでした。どの自治体でも何割かは教職の問題が出ます。その部分の9割獲得をめざしてください。たとえば大阪圏であれば、半分は教職です。これを1つ、2つ落とすくらいにとどめて、数的処理や文章理解の問題を正解することにより得点の上乗せを狙ってくださいね。

 さて、勉強会の後半は、いつものように個人面接練習と集団面接練習でした。集団面接練習では、かなり高度な設問をいたしました。教職の基礎的知識が前提となる応答を求めるものでした。

(2018年5月27日)

勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ 浩の教室・トップページへ