勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第16期 第24回(通算877回)勉強会の模様

 本日勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした、。ありがとうございました。多数の参加を得て、教採の季節を感じています。大阪圏の場合、1次試験が7月の初旬ということで、あと3ヶ月ばかりとなりました。6月下旬には予想対策演習もいたします。こちらについてはまたご案内いたします。

 さて「自己売り込みのツボ」から勉強会をはじめようとしましたが、報告者が理由あって少し遅れるとの報告あり、先に個人面接の練習からはじめました。勉強会の参加者の受験先は多様で、練習のトップバッターは、奈良志望の方でした。このほか、大阪府、市はいうまでもなく、豊能地区の受験生もいらっしゃいます。また、兵庫、愛知と各地を目指す方々が、集ってきてくださいます。それぞれの受験地の志望動機をお聞きするのは「踏み絵」的な質問ではありますが、本試験で聞かれては困りますから確認のために質問に取り入れています。

 このほか、基本的な、定番的な質問事項に加え、それを掘り下げた質問にも及びました。いつものことではありますけれども、どんどん掘り下げると応答に苦しむことは、みなさん、ありますね。このあたりを越せるかどうかが課題でしょう。

 自己売り込みのツボのコメントは、辛辣なものとなりました。がんばってほしいとの思いから指摘しています。そこでのアドヴァイスの中心は、「具体的」ということに尽きます。面接では、具体的に語る以外にありません。自分の教育実践を振り返り、まとめておくこと、それを表現できるかどうかです。

 面接練習の時間は、おおよそ8分、それに対するコメント時間は10分といったところでしょうか。参加者の面接をみて、応答のヒントをいただけることもあります。

 みなさまのご参加、お待ちしています。

(2019年4月13日)

勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ 浩の教室・トップページへ