日々旁午

2018


■先ほど、広島から帰ってまいりました。広島県教員採用試験対策の学習会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
 4月と今月との2回で、過去問と類題を解くことから傾向と対策を導き出しました。記述式ばかりの広島の問題ゆえに対策といっても書いては覚え、覚えては書くという地道すぎる作業の繰り返しになりますね。その中でも、今回、特別支援教育関連問題は500字ほどを要求する問題であり、かつ、何を書いていいのか、いささかわかりにくい点で難問でした。学習指導要領の文言を頼りに解答すべき内容を確定させなければならないのですが、インクルーシブ教育について書いてしまった場合は、残念ながら得点にならなかったようです。問題そのものの意図を見抜く必要があります。
 前日土曜の当サイト主宰勉強会は、5月も中盤ということもあり、満席でした。すでに6月末まで満席で、この時期にこのサイトを発見され、勉強会に参加しようかなと考えていただいた方には申し訳ないことです。キャンセル問い合わせは受け付けてますので、気軽にメールください。また、当日直前にキャンセルがあった場合、正式参加にスライドできます。なお、有料ですが傍聴するだけでも勉強になると自負しています。
 勉強会は愛知県の教職教養の解答解説からはじめました。なお、教職の勉強は、来週で終了です。あとは、6月23日の直前予想対策のみとなります。こちらは郵送でも対応いたします。愛知県の問題は、3問セットでようやく得点できるという正確さを要求するものです。しかし、基礎的なものばかりですので、満点を狙うことができるでしょう。ただ、教育史は、難しいかもしれませんね。来週27日開催においては、愛知県の残りの問題をいたします。
 つづいて個人面接と集団面接の練習でした。個人情報になりますので、コメントは控えます。

May 20,2018
■先週末の勉強会の報告が遅れました。先週の土曜日は、教職教養の演習解答解説、個人面接、集団面接となりました。
 教職教養は、最初の1時間を使って、今回は、香川県の問題を解答解説しました。この解答解説は、5月末まで、あと2回いたします。それ以降は、すべての時間つまり開催時間4時間を使って、人物重視対策に集中いたします。個人面接だけでなく、模擬授業、場面指導もやりましょう。
 さてその個人面接ですが、いつものように8分の実践に8分のコメントという形式ですすめています。最後の方になりますと時間が足らず、いささか短くなってしまいます。申し訳ありません。これからは均等になるよう、配分を注意したいところです。しかし、なにかと伝えたいことがあって、どうしてもコメント延長してしまってます。
 集団面接はハイレベルとの傍聴者からの評価がありました。たしかにみなさん、うまいです。ちゃんとツボを得た応答になっています。なによりも「聞かれたことに正対した言葉」が求められます。集団面接は、個人面接の基礎になります。ここで応答が完璧にできることが、個人面接の第一応答に有効です。
 さあ、ほんとに試験日が近づいてまいりました。もう少し、エンジン全開で参りましょう。
 本日5月15日は沖縄本土返還記念日でした。1972年のことです。

May 15,2018

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ