日々旁午

2004


日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

本日より、第7回、第8回の勉強会の申込みを受け付けます。このページの下に募集規約がありますので、よくお読みの上、ご応募おねがいします/いやしかし、暑い日が続きます。東京では39.5℃、千葉では40℃だそうですね。本日、終業式であった学校も多いことでしょう。児童生徒の成績を付け終わり、夏休みの宿題をわたしたのでしょうね。2学期に元気な顔でお会いできるといいですね。さて、教職教養のほか、一般教養にまで手を伸ばして「確認」を載せています。いかがなものでしょうか。大阪府の問題がいつもとかわらないかぎり、こうした「しょうもない問題」がくり返し出題されますね。なぜ、どのような意図からこんな問題が作られるのでしょう。もう何年も教採試験の問題をみていますけど、毎年この時期に強くそう思います。果たして国語の先生がマルターゼなど知っておく必要があるのでしょうか。理科の先生が、文学史を隅から隅まで知っておく必要があるのでしょうか。一定の教養の必要性は理解できますが、大阪府のある問題のような「知ってるか、知っていないか」の出題をして、何の意味があるのでしょう。創造性や独創性を持った児童生徒を育てるべきみなさんが、こうした問題によってはかられるのは、矛盾を感じておられるに違いないです。「知識・理解」を「意欲・関心・態度」より先に必要とさせるような、こうした試験制度を嘆いても仕方ないかもしれませんね。試験制度の「悪口」はワタクシに任せておいて、みなさんは「本日の確認」を調べてみてください。そして、それぞれの語の周辺的知識も。本日の確認:@チロキシンA子どもインターンシップBアルカン、アルケン、アルキンC配位結合D小学校令E三管領四職FソフホーズGドッジ=ラインH公事方御定書I下地中分(7/20)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

大阪府、大阪市受験のみなさま、おつかれさまでした。この3日間で一般受験者は終了ですね。今年度は、かなりヴァラエティに富んだ面接であったようです。「うしろのこくばん」に書き込んでくださりありがとうございました。自己PRもあったり、なかったり。時間も余裕あって応えてよかったり、はやくしろといわんばかりであったり。こうしてみると、1次試験の集団面接なんて内容ではなく、たんに受け答えや体裁などの表面的な評価をしているのかなあとかんぐってしまいます。15000人を超える受験者ですから(実質受験者は14000人台かもしれませんね)、受験生の本質を完璧に見抜くことは不可能でしょう。しかし、公平な面接ということは心掛けていただきたいものです。自己PRがまったくないグループは、かわいそうです。外部の立場のものから、大阪府に対し、どういうところに評価基準があるのか疑問をもたれたり、面接官どうしの打ち合わせがないように思われたりしても仕方ないです。さあ、面接は終わりました。次は記述ですね。良質の5択が出題されることを期待しましょう。本日の確認:@ケプラーの法則AQ=IRtB寒冷前線C白道DpH5.6以下ECTBTFプロジェクトメソッドG学校安全緊急アピールH免許状の失効及び取上げに係る措置の強化I承認研修(7/19)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日、広島県教員採用試験対策学習会に参加されたみなさま、ありがとうございました。期末になり児童生徒の成績評価をつける仕事など、忙しいにもかかわらず、おつかれさまでした。今回のレジュメには、重要法規の一覧を掲げました。この穴埋め問題と第2、3回の法規穴埋めを完璧にしてください。広島は、教員の服務、研修など、私たちの将来の態度を準備させる問いが4つ、5つ出題されます。対児童生徒の法規、たとえば出席停止の問題などの穴埋めが出る確率は低そうです。なぜなら、ここ数年連続出題されている「A子ちゃん問題」がその欠を補っていると考えられるからです。法規で設問されない児童生徒対応の力をはかる意図をもってA子ちゃんは登場するといえるでしょう。したがって、不登校、イジメなどの学校の病理現象対応の実践力を表現できるようにまとめておいてくださいね。広島では不登校の数が増加しているそうですから、しっかりその対策を書けるようにしておきましょう。その他の記述式問題も、しっかり頭にたたき込んでください。とりわけ、指導要領改訂と情報教育は必須ですよ。ところで、いわゆる「学校目標および校長の教育理念について」は設問していませんが、これは、ある受講生がおっしゃっていたように、記述式ではなく、面接でたずねられるのではないでしょうか。講師の方々は、「自己申告シート」に書いた各自のポイントを、2次試験前に、いま一度確認しておきましょう。さて、全4回の広島県教員採用試験対策勉強会は、ワタクシにとっても大変勉強になりました。問題の作成から解答解説まで、すべて手製で仕上げることがこんなに大変なんだなぁということを実感しました。しかしそうした苦しみは、自由に問題作成をワタクシに委ねていただいた広教組のご高配ゆえに、楽しさにも変化していました。広島県対策という主旋律をはずさないよう注意しながら、現代日本の教育政策と関わらせて講義を終えたつもりです。講義終了後の「おたのしみ会」では、講師の方々のおかれている現状、実践されている方法をお聞きすることができ、有益でした。いまは、すべてを終了し、すがすがしい感慨にひたっています。昨年のクリスマス前にお話をいただいてから、コツコツと自分なりに案を練ってきました。第1回のドキドキしたスタートが、懐かしくさえ思えます。レジュメにも書きましたように、第5回の会合は、勉強会ではなく祝賀会にしましょう。この度の企画立案に尽力された広島県今日職員組合のみなさま、本当にありがとうございました。受講生のみなさまの合格を祈念しております。本日の確認:@リパーゼA鳴滝塾BP波CベテルギウスD流紋岩Eラムサール条約FプラナリアG学校図書館の3機能HレインボープランIユビキタス(7/18)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

ついに今日から、3日間、大阪府では1次試験が実施されますね。ワタクシは、明日は広島で学習会です。広島よりみなさまのご健闘を祈っています(7/17)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

明日は、大阪をはじめとして、近畿圏で1次試験が実施されます。大阪では、集団面接ですね。応援しています。もう何度も「注意心得」は書いていますけれど、もう一度。平常心・集中力・余裕です。テキパキ、ハキハキ、ドキドキです。要領よく、元気よく、程よい緊張感をもって、という意味です。この日のためにみなさんは、じっくり取り組んできました。その努力は裏切ることはありません。短刀(短答)でいきましょう。ポイントをつきましょう。面接官は合格後の先輩です。そういう気持ちでぶつかりましょう。「逸脱行動 (deviant behavior:いつだつこうどう)ある社会で望ましいとされる規準(社会規範や価値)からある範囲(許容量)を超えてはずれている行動大部分は社会病理現象であるが、社会を積極的に革新しようとする働きを持つものもある。ベッカー1950 1.誤って非難された行動 2.純粋な逸脱 3.隠れた逸脱 見田宗介1966 1:離反型 便宜的逸脱・革新的逸脱・惰性的逸脱・利己的逸脱 2:無関心型 未熟型・無能型・過失型・超脱型」ということで、トールマンではなく、ベッカーではないかということです。ご指摘ありがとうございました。安易に書いてはなりませんでした(ただこれは正答をまだ調べていませんので、保留です)。心理学はムツカシイです。本日の確認:@ブリーフセラピーA広瀬淡窓B備付表簿の種類C人権尊重の理念に関する国民相互の理解を深めるための教育及び啓発に関する施策の総合的な推進に関する基本的な事項についてD品格ある社会Eキトラ古墳F闘士型GインフルエンザHワトソンとクリックIプロテアーゼ(7/16)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

情報教育もいいが、埼玉の大麻ネットワークには震撼した。高校生のあいだで大麻の吸飲がこうも簡単に行なわれていることに、危惧せざるをえない。若者はワタクシたち古い世代に刺激を与えてくれるし、パワーを与えてくれる存在である。若者は常に正しい。多様な新しい価値を社会に入力してくれるからこそ社会は活力を失わない。しかし、時代がいくら変わろうとも、薬物だけは社会から拒否されるにちがいない。せめて酒にしとけ、というと、これまたお叱りを受けるが、そんな心境である。本日の確認:@ドルトンプランA消し取り検査BガイダンスC勘合貿易D複式E評定衆F思考の方法Gオールロマンス事件H心学IGATT(7/15)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

きょうは、確認だけアップします。本日の確認:@学教法9条A自己抑制力B分限処分Cエレン・ケイD県費負担教職員E事務職員Fヤーキーズ・ドットソン法則G学力向上アクションプランH人間科I人権擁護施策推進法(7/14)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

関東圏を受験されたみなさま、いかがでしたでしょうか。神奈川(川崎、横浜)の筆答試験の問題をごく簡単にみました。教職教養は、まあまあできたのではないでしょうか。31番の学習指導要領の変遷の問題は、当サイトの解説を読んでいればほぼできるでしょう。32、33番は1秒でできますね。34番は、ちょっと古い答申(1999年の生涯学習審議会答申)から出題されています。でも、これも国語の読解問題のようなもので簡単です。35番の特別支援教育もできるでしょう。43番も特別支援教育からですが、6lですよね。36番は、ちょっと難しいでしょうか。37、38番は不登校の問題でした。37番の「生徒指導上の諸問題の現状について」(平成15年12月)は、来るべき関西地方受験のために一読し、数値をチェックしておきましょう。方法論の39番は、オーズベルの主張内容がわからなかったとしても、解ける問題ですね。40番は秒殺です。41番は選択肢1と2で迷うところです。品等尺度法の説明が間違っているのではないでしょうか。42番のジェンキンスとダレンバッハについては、いままだわかりません。特別活動の44番は大丈夫でしょう。ガイダンスは総則に書いています。教育法規は問題なし。人事員規則がわからなくてもできますね。46番は、指導要録の問題ですが、原本ではありませんね。かつ、転学先送付でしょう。47番は教員免許状の問題です。48番は教育基本法の基本的な穴埋め問題で、間違う要素はありません。職員会議は置かなければならないものではありませんね。だから49番も簡単です。最後の50番は懲戒は任命権者がします。ということで、いかがだったでしょうか。一般教養は難しいですなあ。理数系は太刀打ちできません。理数系のほか、ワタクシが難しいなあと感じたのは、7(歌舞伎)、19(環境)番です。こうしてみると、最新の一部改正学習指導要領なんかはぜんぜんチェックしておかなくてもいいみたいですね。本日の確認:@関心意欲態度A通級指導B産婆術C教育振興基本計画DマッキンレイE進路指導主事F地公法37G出席簿H脱衛星化I2学年まとめて示す(7/13)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日アップするつもりが・・・一日とんじゃいました。昨日勉強会に参加されたみなさま、お疲れさまでした。昨日は16名(男性2名、女性14名)の参加者を得、集団討論の練習を2題、行ないました。今回は、現役小学校教諭、みっちゃん先生に来ていただきました。1次、2次試験を何度か受けてこられた経験をまとめ、受験心得をレジュメにしていただきました。また、討論に対し適切にコメントを付けていただき、ありがとうございました。緊張するみなさんを和らげる優しく面白いコメントでした。さて、今回は、@「情報教育の利便と問題点について」と、A「学校の安全管理・危機管理について多面的に議論せよ」、というテーマで、各グループ30分で討論してもらいました。@は、関東圏1次試験の個人面接でも聞かれた方がいるでしょう。議論は光と影をポイントに、具体的に展開しました。デジタルディバイド、伝達手段、教育方法論、ネット、他者性、引用・著作権、有害情報、その他盛りだくさんで、セロトニンの話題まででました。話しやすいテーマだったのでしょうか、司会役もいて、まとまっていました。Aの方は、採点官役のワタクシの語りかけにひっかかったのか、「多面的」ではなかったようです。危機管理というと、どうしても昨今の学校をめぐる問題つまり不審者対策がメインイシューとなりやすいですね。しかし、安全管理、危機管理というと様々なテーマがあります。うんていなど学校の遊具もそうだし、プールもそう、理科室や体育で使う器具の問題もあります。しかしながら、参加者の発言も、当然ながら無視できない課題ばかりです。不審者対策から、学校管理マニュアルについても話されましたし、自分がもしも附属池田の状況におかれたらどうするか、自分の問題として捉え、発言されていました。また、問題を根源から捉えなおそうと、教育対象である子どもに視点をあて、子どもに対する危機管理教育を提言されていた方もいらっしゃいました。2つのテーマとも、活発に話し合われ、ほとんど空白がありませんでした。しかし、本番では、お互いを高めあう討論ばかりではありません。次回1次終了後の勉強会では、そのあたりを「経験」できたらいいなあと思っています。討論内容のレベルが高過ぎだからです。ところで今回は、参加者が少なく、2グループ構成で、時間が余っちゃうんじゃないかと心配していましたものの、まったくそんなことはなく、次々と質問が出て、非常に有意義でした。次回の勉強会も、よろしくお願いします。本日の確認:@ヒューリスティックスA指導要録B1015時間C連携型D55年体制E鈴屋F4つのイドラG日本銀行HATII形成的評価(7/12)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ