〜 論作文 道場 〜

勉強会(日程)お知らせページ 勉強会報告(討論再現)ページ 勉強会申し込みページ トップページ

 論作文―――それは、教員採用にあって合否を分ける試験科目のひとつです。最初から上手に書けるひとなんていません。問われていることをまとめよう。教育に賭ける情熱ををまとめよう。心の中にあるいいたいことを表現しよう。しかし、それが至難の業なのですね。どうすれば、合格する論作文が書けるのか。どうすれば、ひとと違った論作文が書けるのか、いいかえれば、どうすれば一般論を乗り越えて、採点官の目にとまり、心に響く文章が書けるのか。
 ここでは、皆さんから送られてきた論作文に対し、浩@管理人の「今まで教育論作文を800枚以上みてきた目」から、助言、苦言、提言を加えてみました。われこそは、と名乗りをあげる若者よ、この「道場」に集ってほしい、切に願っています。

あなたの合否を占う水晶玉

 論作文の書き方なんていろいろあります。しかし、ある程度、基本的なスタンスがあることも事実です。そのスタンスとは――

どんな課題がでても、次の3点が基本です。

 @ 常に教員としての視点から書く・・・学生気分で書かない。「教師になった暁には〜したい」などと書かない。つまり、即戦力的な当事者感覚を忘れないこと。この視点がないと、「先生」を任せることはできない。
 A 一般論を超える・・・具体的に書く。自分の教育的経験なり、先生になるために努力してきたことなりを書き込もう。教育実習の経験や、講師経験は宝物である。そのほか、ボランティア活動や適応指導教室、いきいき指導員、こころの相談員の経験談など、有効に活用しよう。あなただけの経験は、あなたなりの発想や論述を生み出す。
 B すっと読める文章・・・引っかかりがない文章であること。もう一度読みたくなるような論作文であること。文章技術の問題である。これは何度も何度も書く練習をするほかない。

すなわち、@は、自分の持つ教育理念を論作文ににじませるということであり、Aは、自分なりの視点を提示することを通して他の受験生と「差別化」を図ろうとすることであり、Bは、わかりやすく読みやすい文章を書き、客観性や論理的な思考を書き手、つまりあなたが保持していることを採点官に訴えるということである。

 そのほか、個別には――

「教師は〜である」という表現は避ける。採点官には校長経験者が多い。そんな偉そうに書いてどうするのか。すなわち、教員批判は避ける。反面教師的記述は印象悪い。論作文上では「教師」という言葉を使わない。
1行目・出だしに最大限の力を込めよ。書道家の気分である。原稿用紙をまえに、腕組の状態で30分(これは当然、練習においてですよ。本番でこんな調子じゃ、書けません)。1行目に誤字があれば、それだけで落ちる。
長い文よりも、短い文を連ねて書け。1文の長さは60字以内。「坊っちゃん」の出だしを読んでみよ。
課題の要求に的確に答えよ。カレーを注文しているのに、ピラフを出すな。課題の問いかけている本質を見逃すな。
ごまかさない。「努力」とはどんな努力なのか。「研修」とはなんの研修なのか、内容を書く。それが具体的ということ。とくに抽象題では気をつけること。
言葉に責任をもつ。論作文を基に、面接でたずねられるかもしれない。
接続詞は、極力使わない。800字では、1つ、2つを目指そう。
800字の段落構成は、4段落が基本。3では少なく、7では多い。
主語は「私」を使おう。第三者的に書かないこと。「教師」という言葉は使い方が難しい。使わないほうが吉。
文末表現を意識して変えてみる。文章に美しさを求めるということ。いつでも「〜であろう」、「〜である」としないで、他の表現を考えてみる。「です」、「ます」など、敬体で書くのは論外である。ちなみに、「と思う」は使わないこと。
「〜なのだ」、「〜だ」は使用しないほうがいい。これはワタクシの趣味である。漢字を使うかどうかについても、ワタクシの趣味がある。このワタクシの趣味は、無視してかまわない。推奨しているだけである。たとえば、「特に」→「とくに」、「共に」→「ともに」など。しかし、「こと」(事は×)、「ため」(為は×)などは平仮名で書くこと。
「〜したい」の願望表現は避けたほうがよい。これも趣味の問題である。1つ、2つはかまわない。
体言止めは使用しないこと。
「○○○」の括弧は使用可。しかし、(○○○)は使用不可。(○○○)を使うということは、本来、通常の記述において説明できることを省略しようとしているはずである。
文中において、@、Aなどの記号を用いないこと。また、!や?なども不可。総じて、記号は印象悪い。
論作文を書いたあと、何度も何度も読み返す。10度くらい読み返し、最善を追求しよう。この姿勢がなにより大切である。投稿者は「採点官に読んでいただく」のである。いうまでもなく、この「採点官」は、ワタクシ、浩ではない。各自治体の「採点官」である。

−May 4,2003 改正−

投稿規定と諸注意

 添削を受けてみたいと希望するかたは、すでにアップされている論作文とそのコメントをいくつか読んでみてから投稿して下さいね。添削するにあたり、かなりキビシイ表現をすることもあります。「道場」とはそうした意味を含んでいます。しかしそれは、ワタクシの投稿者に対する愛情でもあります。誤解なきよう、「挑戦」を期待しています。ただ、上に掲載している注意事項は守って下さい。あまりにも注意事項を無視されると、寂しさと怒りがこみあげてきます。June 3,2003

 投稿にあたっては、いくら時間をかけて書いたものでもかまいません。3時間でも、4時間でもいい、いいものを作成しましょう。本番で時間内に書けるようになればいいのです。ここはその訓練の場と位置付けてください。書けば書くほど、スピードアップします。

 まず、原稿用紙に鉛筆などで書いてから、それをワープロなどに打ち込むのが望ましいですね。本番ではワープロを使用できないからです。このことに配慮しないと、漢字を忘れますよ。

 ただし、論作文は、720字以上、800字以内であること。投稿にあたっては、25字×32行の形式でお願いします。とりわけ、段落の設定がわかるように注意して下さい。

 締め切りはありません。随時受付。もちろん無料です。ただ、このサイト上で公開させてください。なぜなら、ここでの注意事項を、教員を目指す方々の参考にすべき共有財産にしたいからです。他の採用試験と同じように、確かに競争試験の性格を教採ももっていますが、密室に閉じこもらない「切磋琢磨」を心がけたいと思うのです。盗作?そんな心配はありません。そんな方が先生に採用されるはずがないからです。なお、以下の論題の数だけ投稿可能です。ほぼすべてのテーマに投稿された方もいらっしゃいます。現在、16テーマありますので、おひとり、最大16回投稿できます。同じテーマでの再投稿はご容赦下さい。−Aug.20,2004 改正−

 少なくとも、ハンドルネーム、受験校種(小・中・高)、教科(小学校の場合は不必要ですね。ただし、今後、理科、社会など専科募集もありえますので、専門教科を示していただいても結構です)は明記していただきたいです(添付のワード文書に書いていただくと幸いです。もちろん公表いたしません)。評価の基準になることもあるからです。たとえば、小学校を目指されている方が論作文上で「生徒」と表現されれば、減点対象になります。逆に高校志望の方が「こども」と書くのも減点です。なお、投稿される場合、本名や年齢など、あえてお書きになる必要はありません。もちろん教えてくださればうれしいですよ。当サイトにアップする情報は、論作文そのものとハンドルネームだけです。他の個人情報は完全秘守します。

 投稿フォームでの受付になります。
 論作文を複数添削希望の方は、少なくとも一つ目に投稿された論作文の添削が済んでから次のものを投稿されるよう、間隔をおいて投稿されるようお願いします。そうした方が、添削の成果を生かしたよりよい論作文を書くことができると考えるからです。Aug.20,2003
 また、今後は先願主義を採らず、お一人で複数添削依頼の場合、その添削の間に他の投稿者がいらっしゃったなら、そちらを優先します。つまり、「Aさん、Aさん」と投稿が続いても、そこにBさんからの投稿があれば、「Aさん、Bさん、Aさん」というように添削を進めます。機会均等、公平性の観点からの処置です。ご了承下さい。本日からこの方式を適用します。Aug.30,2003
 なお、xxx@hotmail.comなどのフリーメールからの投稿は、残念ながら、コメント、評価を辞退させていただきます。二重投稿や、他サイトからのコピー投稿を避けるためです。Jan.1,2003
 申し訳ないですが、ご友人のPCからの代理投稿は、ご遠慮下さい。新世紀の教員たるもの、PCを持っていないと話にならないと思いませんか。是非、ご購入され、投稿して下さい。待っています。しかし、夫婦所有、家族所有はこの限りではありません。Oct.17,2003
 また、携帯からの投稿も、受け付け辞退いたします。Feb.24,2004

 2004年8月現在、

私の目指す教師像
21世紀の教育について
足元からの環境教育
学校週5日制と学力低下について
やさしさとたくましさ
いのち
『総合的な学習の時間』であなたは児童(生徒)にどのような力を付けさせたいか、具体的に述べよ
学校、家庭、地域社会の連携をいっそう深めることが求められている。これについてのあなたの考えを述べ、またどのように実践するか、具体的に述べよ
完全学校週5日制下における、『生きる力』を育む提案を具体的に述べよ
10学校教育におけるボランティア活動の意義について、あなたの実践したいプランを簡単に示しつつ、論述しなさい
11あなたの希望する校種における教養教育の推進について、具体的に述べよ
12教員に必要な資質、能力について述べよ。その際、あなたはその資質、能力を養うため、どのような努力をしているか示しなさい
13児童(生徒)が日々接する情報の種類と量は飛躍的に増加している。この状況をどのように捉えているか。また、どのように対処するか、具体的に論述せよ
14
15あなたの担任するクラスで学級崩壊が起こった場合の解決策を書きなさい
16あなたの担任するクラスにAD児、ADHD児がいるとすれば、どのような点に注意しつつ指導していくか、述べなさい
17保健室の効果的な活用について、あなたが考える提案を具体的に論述しなさい

の各テーマで投稿を募集しています。今後、テーマを漸次増やしていく予定です。なお、ここに列挙した以外のテーマで添削してほしいとの依頼もあるのですが、それに応えますと際限がなくなりますので、ひらにご容赦ください。上記テーマ以外の論作文添削は、下の「有料論作文」で受け付けています。

宛先


無料道場論作文

採点作業にいただく期間は、投稿論文がアップされてからおおむね4週間以内です。その間に、投稿論文を読まれた方(第三者)からのコメントが「うしろのこくばん」に寄せられることを期待しています。投稿が混み合う6月、7月、8月は、ワタクシとしましても見る量に限界がありますので、おはやめに投稿されるようお願いします。

下の投稿フォームをクリックし、投稿してください。無料道場論作文は、当サイト上にアップされ、添削されます。Aug.20,2004

この「道場」に投稿された方の中から、「是非、うちの自治体に来てほしい」と念願されるような教員が輩出されることを願っています。

クリック!→論作文申し込みフォーム←クリック!
すいません、休止中です。現在、下記の有料論作文のみ、受け付けています。


有料論作文

論作文アンケートの結果を受け、「有料論作文」の需要も24%あることを知り、また、「有料論作文」、「有料個票添削」を希望するメールも多数いただき、ご要望に応えるべくサービスをはじめました。

いうまでもなく、「有料論作文」は、当サイト道場にアップされません。メールを使用した添削のやりとりとなります。詳しくは下記フォーム(フォーム閲覧は無料です)にありますが、少しピックアップします。


申込みは1枚単位。
テーマは申込み者の自己設定。
字数の上限は各自治体の設定に対応。
料金は1000円。
申込みフォーム規定にしたがい入金確認後1週間以内に完全返送。

こうした メール形式 で添削されます。

添削者紹介 添削者情報 



上記の無料の「論作文道場」における添削と、「有料論作文」における添削との相違点は、文章作成ポイントの指摘とともに、添削希望の方の論作文に手をいれ、一層充実したいわば「完成した論作文」を示すところにあります。また、私の主観になりますが、評価を数値で示します。

論作文あるいは個票の文章を、下のフォームにしたがってメールで送っていただくと、すぐさま自動的にご案内のメールが申込者に返信されます。そこに申し込みの詳しい手順を書いております。

なお、「浩の教室主宰・勉強会」参加者は、直接申込みできるように対応いたします。

面接個票やエントリーシートも対応しております。これは、申込み者のパーソナルな側面を理解する必要がありますので、往復書簡のように連絡を数回とりあいつつ完成をめざします。


現在、受付中です。

クリック! 有料論作文申込みフォーム クリック!

浩@管理人

私の目指す教師像

亮さんの投稿 コメントページ
SUNFLOWERさんの投稿 コメントページ
宏さんの投稿 コメントページ
進歩さんの投稿 コメントページ
ちばっ子さんの投稿 コメントページ
司さんの投稿 コメントページ
あささんの投稿 コメントページ
TOTTIさんの投稿 コメントページ
niniさんの投稿 コメントページ
10 さっちさんの投稿 コメントページ
11 みやさんの投稿 コメントページ
12 知史さんの投稿 コメントページ
13 りんごさんの投稿 コメントページ
14 タカシさんの投稿 コメントページ
15 めろんさんの投稿 コメントページ
16 たんぽぽさんの投稿 コメントページ
17 すずかさんの投稿 コメントページ
18 やまさんの投稿 コメントページ
19 ゆきさんの投稿 コメントページ
20 かたばみさんの投稿Oct.28,2002 コメントページ
21 なつみさんの投稿Nov.1,2002 コメントページ
22 なるさんの投稿Dec.19,2002 コメントページ
23 KOJIさんの投稿Dec.30,2002 コメントページ
24 泰輔さんの投稿Jan.3,2003 コメントページ
25 Makotoさんの投稿Jan.10,2003 コメントページ
26 水香さんの投稿Jan.16,2003 コメントページ
27 ロコタンさんの投稿Jan.16,2003 コメントページ
28 真冬さんの投稿Feb.4,2003 コメントページ
29 アメリさんの投稿Feb.26,2003 コメントページ
30 水仙さんの投稿Feb.27,2003 コメントページ
31 pinoko(ピノコ)さんの投稿Mar.26,2003 コメントページ
32 カミーノさんの投稿Mar.28,2003 コメントページ
33 りゅうたろうさんの投稿Apr.1,2003 コメントページ
34 ニコンさんの投稿Apr.4,2003 コメントページ
35 marominさんの投稿Apr.4,2003 コメントページ
36 Kazさんの投稿Apr.5,2003 コメントページ
37 さくらさんの投稿Apr.17,2003 コメントページ
38 やまちゃんさんの投稿Apr.21,2003 コメントページ
39 ブランコさんの投稿Apr.27,2003 コメントページ
40 pikoさんの投稿May 4,2003 コメントページ
41 ジャイ子さんの投稿May 11,2003 コメントページ
42 さらけんさんの投稿May 23,2003 コメントページ
43 あさとさんの投稿June 3,2003 コメントページ
44 snoopy(スヌーピー)さんの投稿June 8,2003 コメントページ
45 クッシーさんの投稿June 17,2003 コメントページ
46 dreamさんの投稿June 27,2003 コメントページ
47 ミッキーさんの投稿July 7,2003 コメントページ
48 peko(ペコ)さんの投稿July 7,2003 コメントページ
49 まさまささんの投稿July 31,2003 コメントページ
50 rappa(ラッパ)さんの投稿Aug.7,2003 コメントページ
51 ゆきうささんの投稿Aug.11,2003 コメントページ
52 かよこさんの投稿Aug.20,2003 コメントページ
53 葵ちゃんさんの投稿Aug.22,2003 コメントページ
54 春夏秋冬さんの投稿Aug.31,2003 コメントページ
55 ちゃまさんの投稿Sept.2,2003 コメントページ
56 たまごエッグさんの投稿Sept.21,2003 コメントページ
57 こたろうさんの投稿Oct.15,2003 コメントページ
58 狸の里さんの投稿Nov.2,2003 コメントページ
59 昇平さんの投稿Jan.3,2004 コメントページ
60 まるちゃんさんの投稿Jan.15,2004 コメントページ
61 ドナルドさんの投稿Feb.21,2004 コメントページ
62 さるさるさんの投稿Feb.29,2004 コメントページ
63 ばんこ丸さんの投稿Mar.16,2004 コメントページ
64 海さんの投稿Apr.24,2004 コメントページ
65 silentさんの投稿May 6,2004 コメントページ
66 ローズ娘さんの投稿May 12,2004 コメントページ
67 kazuさんの投稿May 21,2004 コメントページ
68 hiro-kさんの投稿May 24,2004 コメントページ
69 こてちんさんの投稿June 5,2004 コメントページ
70 アリー・マクビールさんの投稿June 6,2004 コメントページ
71 peko(ペコ)さんの投稿June 11,2004 コメントページ
72 はなさんの投稿June 30,2004 コメントページ
73 ももさんの投稿July 25,2004 コメントページ
74 マサイ族さんの投稿Aug.13,2004 コメントページ
75 宣長さんの投稿Aug.13,2004 コメントページ
76 アップルさんの投稿Sept.15,2004 コメントページ
77 みかリンさんの投稿Nov.10,2004 コメントページ
78 みやけんさんの投稿Jan.28,2005 コメントページ
79 のぞみさんの投稿Mar.8,2005 コメントページ
80 みんみんさんの投稿Mar.22,2005 コメントページ
81 マツさんの投稿Mar.31,2005 コメントページ
82 こむささんの投稿Apr.26,2005 コメントページ
83 Askさんの投稿June 9,2005 コメントページ
84 masaさんの投稿Aug.20,2005 コメントページ
85 ジジさんの投稿Sept.8,2005 コメントページ
86 ピーコさんの投稿Nov.4,2005 コメントページ
87 よっしさんの投稿Feb.21,2006 コメントページ
88 Barbieさんの投稿Apr.8,2006 コメントページ
89 なかえりさんの投稿May 13,2006 コメントページ
90 ウルトラマンさんの投稿July 12,2006 コメントページ
91 サクラさんの投稿July 12,2006 コメントページ
92 桜さんの投稿Mar.1,2007 コメントページ
93 さとこさんの投稿Mar.2,2007 コメントページ
94 ともちゃんさんの投稿May 16,2007 コメントページ
95 平泳ぎ練習中さんMay 28,2007 コメントページ
96 ライラックさんJuly 7,2007 コメントページ
97 かなえりさんFeb.24,2008 コメントページ
98 こうたろうさんFeb.24,2008 コメントページ

21世紀の教育について

たまごさんの投稿 コメントページ
亮さんの投稿 コメントページ
源氏さんの投稿 コメントページ
純さんの投稿 コメントページ
りんりんさんの投稿 コメントページ
みいさんの投稿 コメントページ
りんごさんの投稿 コメントページ
宏さんの投稿 コメントページ
なおこさんの投稿 コメントページ
10 泰輔さんの投稿Jan.30,2003 コメントページ
11 ロコタンさんの投稿Feb.7,2003 コメントページ
12 世界史オタクさんの投稿Feb.14,2003 コメントページ
13 なるさんの投稿Feb.18,2003 コメントページ
14 アメリさんの投稿Apr.4,2003 コメントページ
15 ともかさんの投稿July 4,2003 コメントページ
16 かすりさんの投稿July 23,2003 コメントページ
17 まさまささんの投稿Aug.7,2003 コメントページ
18 rappa(ラッパ)さんの投稿Aug.11,2003 コメントページ
19 えるさんの投稿Aug.21,2003 コメントページ
20 まるちゃんさんの投稿Jan.29,2004 コメントページ
21 ドナルドさんの投稿June 6,2004 コメントページ
22 みかリンさんの投稿Dec.2,2004 コメントページ
23 elmoくんさんの投稿Nov.8,2006 コメントページ

足元からの環境教育

宏さんの投稿 コメントページ
すずかさんの投稿 コメントページ
水香さんの投稿Jan.9,2003 コメントページ
泰輔さんの投稿Feb.28,2003 コメントページ
アメリさんの投稿Mar.4,2003 コメントページ
水仙さんの投稿Mar.8,2003 コメントページ
ロコタンさんの投稿Mar.20,2003 コメントページ
peko(ペコ)さんの投稿May 6,2003 コメントページ
弘さんの投稿May 8,2003 コメントページ
10 狸の里さんの投稿Nov.20,2003 コメントページ
11 かつどんさんの投稿June 29,2004 コメントページ
12 みかリンさんの投稿Dec.20,2004 コメントページ
13 こうきさんの投稿Aug.25,2005 コメントページ

いのち

宏さんの投稿 コメントページ
すずかさんの投稿 コメントページ
司さんの投稿 コメントページ
さっちさんの投稿 コメントページ
かいかいさんの投稿Feb.21,2003 コメントページ
kazさんの投稿Mar.6,2003 コメントページ
カミーノさんの投稿Apr.5,2003 コメントページ
愛子さんの投稿Sept.7,2003 コメントページ
みかリンさんの投稿Jan.26,2005 コメントページ
10 はまちょんさんの投稿June 9,2005 コメントページ

学校、家庭、地域社会の連携をいっそう深めることが求められている。これについてのあなたの考えを述べ、またどのように実践するか、具体的に述べよ

花さんの投稿 コメントページ
司さんの投稿 コメントページ
みやさんの投稿 コメントページ
宏さんの投稿 コメントページ
りんごさんの投稿 コメントページ
なおこさんの投稿 コメントページ
じゅんいちさんの投稿Apr.9,2003 コメントページ
りゅうたろうさんの投稿May 4,2003 コメントページ
夕さんの投稿May 17,2003 コメントページ
10 カットさんの投稿June 17,2003 コメントページ
11 peko(ペコ)さんの投稿July 6,2003 コメントページ
12 クッシーさんの投稿July 6,2003 コメントページ
13 がんちゃんさんの投稿Aug.2,2003 コメントページ
14 葵ちゃんさんの投稿Aug.23,2003 コメントページ
15 昇平さんの投稿Mar.6,2004 コメントページ
16 五里ラッパさんの投稿Mar.17,2004 コメントページ
17 まるちゃんさんの投稿Apr.13,2004 コメントページ
18 Yabooさんの投稿Sept.26,2004 コメントページ
19 みかリンさんの投稿Feb.15,2005 コメントページ
20 のぞみさんの投稿Apr.10,2005 コメントページ
21 ひよこさんの投稿May 25,2006 コメントページ

学校週5日制と学力低下について

ファンさんの投稿 コメントページ
さんまさんの投稿 コメントページ
宏さんの投稿 コメントページ
りんごさんの投稿 コメントページ
世界史オタクさんの投稿Feb.28,2003 コメントページ
miyazaki-mythosさんの投稿Mar.3,2003 コメントページ
哲人28号さんの投稿Mar.17,2003 コメントページ
弘さんの投稿Mar.20,2003 コメントページ
さくらさんの投稿Mar.21,2003 コメントページ
10 ドリームさんの投稿Mar.26,2003 コメントページ
11 泰輔さんの投稿Apr.1,2003 コメントページ
12 のぐぴょんさんの投稿Apr.29,2003 コメントページ
13 みいちゃんさんの投稿May 3,2003 コメントページ
14 クッシーさんの投稿July 4,2003 コメントページ
15 HAPPYグリーンさんの投稿Aug.12,2003 コメントページ
16 葵ちゃんさんの投稿Aug.30,2003 コメントページ
17 みずたまさんの投稿June 29,2004 コメントページ
18 みかリンさんの投稿Dec.29,2004 コメントページ

『総合的な学習の時間』であなたは児童(生徒)にどのような力を付けさせたいか、具体的に述べよ

すずかさんの投稿 コメントページ
じゃいぽんさんの投稿 コメントページ
みやさんの投稿 コメントページ
宏さんの投稿 コメントページ
チューリップさんの投稿 コメントページ
pinoko(ピノコ)さんの投稿Apr.17,2003 コメントページ
あいさんの投稿July 5,2003 コメントページ
かすりさんの投稿July 14,2003 コメントページ
クッシーさんの投稿July 23,2003 コメントページ
10 葵ちゃんさんAug.30,2003 コメントページ
11 silentさんの投稿May 13,2004 コメントページ
12 みかりんさんの投稿Mar.1,2005 コメントページ
13 みやけんさんの投稿May 16,2005 コメントページ

やさしさとたくましさ

宏さんの投稿 コメントページ
かいかいさんの投稿Mar.30,2003 コメントページ
Kazさんの投稿Apr.19,2003 コメントページ
カミーノさんの投稿July 2,2003 コメントページ
えるさんの投稿Aug.20,2003 コメントページ
みかリンさんの投稿Jan.28,2005 コメントページ
はまちょんさんの投稿June 10,2005 コメントページ

教員に必要な資質、能力について述べよ。その際、あなたはその資質、能力を養うため、どのような努力をしているか示しなさい

弘さんの投稿Feb.13,2003 コメントページ
クッシーさんの投稿June 28,2003 コメントページ
HAPPYグリーンさんの投稿Aug.31,2003 コメントページ
昇平さんの投稿Apr.2,2004 コメントページ
Yabooさんの投稿Aug.15,2004 コメントページ
みやけんさんの投稿Mar.22,2005 コメントページ
みかリンさんの投稿Mar.24,2005 コメントページ

学校教育におけるボランティア活動の意義について、あなたの実践したいプランを簡単に示しつつ、論述しなさい

世界史オタクさんの投稿Mar.3,2003 コメントページ
りんごさんの投稿May 17,2003 コメントページ
peko(ペコ)さんの投稿June 8,2003 コメントページ
pinoko(ピノコ)さんの投稿June 11,2003 コメントページ
kazuさんの投稿June 29,2004 コメントページ
Yabooさんの投稿Aug.4,2004 コメントページ
みかりんさんの投稿Mar.2,2005 コメントページ

あなたの希望する校種における教養教育の推進について、具体的に述べよ

pinoko(ピノコ)さんの投稿Mar.7,2003 コメントページ
りゅうたろうさんの投稿Apr.17,2003 コメントページ
まめのうたさんの投稿Mar.16,2004 コメントページ
みかリンさんの投稿Mar.24,2005 コメントページ

やまちゃんさんの投稿Apr.11,2003 コメントページ
ゆきうささんの投稿Aug.19,2003 コメントページ
ryanさんの投稿Sept.17,2003 コメントページ
みかリンさんの投稿May 16,2005 コメントページ
はまちょんさんの投稿June 10,2005 コメントページ

完全学校週5日制下における、『生きる力』を育む提案を具体的に述べよ

pinoko(ピノコ)さんの投稿June 21,2003 コメントページ
さちさんの投稿July 3,2004 コメントページ
みかりんさんの投稿Mar.2,2005 コメントページ

あなたの担任するクラスで学級崩壊が起こった場合の解決策を書きなさい

ロコタンさんの投稿Sept.21,2003 コメントページ
まりさんの投稿Feb.17,2004 コメントページ
みやけんさんの投稿Mar.22,2005 コメントページ
のぞみさんの投稿June 10,2005 コメントページ

児童(生徒)が日々接する情報の種類と量は飛躍的に増加している。この状況をどのように捉えているか。また、どのように対処するか、具体的に論述せよ

みかリンさんの投稿Mar.25,2005 コメントページ

このページのトップへ

勉強会(日程)お知らせページ 勉強会報告(討論再現)ページ 勉強会申し込みページ トップページ

浩の教室・トップページへ