浩の教室・合格した参加者の声

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

兵庫県 2014年夏受験 合格 HN salaさん(女性)
 私は30歳を過ぎてから教員採用試験に挑戦し合格を勝ち取りました。新卒の大学生と勝負するには自分の経験をしっかりと語らなくてはいけません。しかし、自分がいくら素晴らしい経験をしていても面接官に伝わらないと何の意味もありません。

 私が浩の教室で一番学んだことは、客観的にわかりやすくものごとを伝えるということでした。浩の教室にはさまざまな校種、教科を志望する方が参加されています。みんな同じ教員を志す仲間として、励まし合い、時には厳しい意見も包み隠すことなく言い合う中で、勉強を続けることができます。私は自分の意見が自分と同じような体験をしている人には通じるけれど、全く未体験の人が聞いたときに意味がわからないと言われたことで自分を見つめ直すことができました。また、受験生同士の意見を聞いた後、浩先生が暖かく、軌道修正しながらまとめてくださいます。そのような環境の中で継続して教室に通うことで気がつけば自然と自分を磨くことができました。

 
簡潔にわかりやすく、具体的に伝える。この力はこれから現場に出てから子どもたち前でもとても大切な力です。
 現場で働く上での基礎の部分を一緒に作りあげた仲間、それからいつも暖かく、冷静に見守り応援してくださった浩先生、本当にありがとうございました。

 浩の教室では勉強するモチベーションを持続することができるということもとても重要なことです。継続して教室に通えばきっと力になります。是非仲間と一緒に励まし合いながら合格を勝ち取りましょう!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2014年夏受験 合格 HN naoさん(女性)
 私は30歳半ばから教員採用試験を受けはじめたのですが、家庭の事情で受験すらできない年もあり、気づけば40歳を過ぎていました。そんなとき、インターネットで「浩の教室」を知りました。軽い気持ちで勉強会に参加した私は、今までの自分が恥ずかしくなりました。こんなにも真剣に勉強している人達がいるんだ、言い訳なんかしていられない、とにかく勉強しなくては!心からそう思えました。そして、浩先生の「みんなで合格しよう」の一言でこの教室に通うことを決めました。

 それから2年。最初の頃は面接練習で、こてんぱんに叩かれました。否応なく、自分の弱さと向き合わざるを得ない日々。苦しくなかったといえば嘘になります。しかし、先生はちゃんと見ていてくれます。悩んで悩んで、悩み抜いた頃、「あなたにはこんな良さがあるよ」と一押ししてくれるのです。この一押しの繰り返しで、一段づつ階段を上っていけました。一緒に勉強している仲間が書いてくれるコメント用紙も大きな力になります。一緒に合格を目指す仲間のことだからこそ、真剣にコメントを書き合えるのです。2年間でたまったコメント用紙は、私の宝物です。

 教員採用試験突破を目指すなら、一度「浩の教室」に来てみてください。新しい世界が広がります。みんなで合格しましょう!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

奈良県 2014年夏受験 合格 HN むぎさん(女性)
 私は今回、2回目の受験で、合格を手にすることができました。転職組の私は、何としても教員になりたい、一生この仕事にしがみつきたい。その思いだけでした。そんなとき、インターネットで「浩の教室」を知ります。ところが人見知りの私は参加する勇気がどうしても持てず、1回目の参加はみすみす見送る始末。2回目からは意を決し参加したものの、集団面接に参加するまで随分長い見学が続きました。覚悟を決めるのが遅い。そんなヘタレな私がこの一年、浩の教室のおかげで変わることができました。何より自分に自信がついたのです。

 それは、毎回の集団面接や、自己売り込みのツボなどを通して徹底的に自分を見つめ直したこと。自分は何者なのか、なぜ教員になりたいのか。照れや気恥ずかしさを通り越して、そんな自問自答を繰り返しノートにまとめました。そして浩先生は私の強みをたくさん見つけて下さいました。私がまだ自覚していない自分の良さも。それが何より、嬉しく心強かったです。もちろん、浩先生はウィークポイントも指摘して下さいます。けれど、それを克服することよりも自分の良さを伸ばすこと。それに力を注ぎました。

 そしてもう一つ、同じ夢を持つ仲間との出逢いです。毎日、勉強時間、勉強量を報告し合った仲間。夜にファミレスで語り合った仲間。専門知識を惜しみなく教えてくれた仲間。不安で押し潰されそうな日も、仲間のおかげで乗り越えることができました。浩の教室に行かない日も、みんなと繋がっていたからです。

 大学で教員免許を取ったのは26歳。これまでたくさん回り道をしました。けれど10年前に趣味で取った英検が加点となって自分に返ってきたとき、人生に無駄なことなんかない。心からそう思いました。

 「浩の教室」が見つけてくれた私も知らない自分の良さはこれからも私を励まし、勇気づけてくれそうです。浩先生、一緒に併走してくれたみなさん。本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市 2013年夏受験 合格 HN 戦場のカメラマンさん(男性)
 まさかこの私が合格できるとは。
 合格の報を受け取った時の率直な感想でした。
 これまでの人生を振り返って、高校中退を経験し、大した職歴もなく、年齢も33歳と若くもない。ほんとに教師になれるんかいな?そんな、ないない尽くしの私を合格に導いてくれたのは、この浩の教室でした。
 浩の教室の素晴らしいところは、第一にハイレベルな模擬面接です。毎回、本番さながらの緊張感と、本番以上に難易度の高い質問が、ハイテンポで繰り出されます。そして模擬面接が終わった後は、浩先生からの鋭いフィードバックが返ってきます。時には厳しく、時には優しく、時には笑いを交えて。先生から「最近の君の面接は腐っとる」と言われた時もありました。十分間の個人面接で、開始三十秒でつまずいてボコボコにされたこともありました。考え抜いた私の自己PRを、完全粉砕されたこともありました。しかし、全てに意味があったのです。
 この教室に半年も通っていれば、採用試験本番のあまりの簡単さに拍子抜けしてしまうでしょう。面接官の質問、他の受験生の応答がすべて、冗長でスローペースに感じるのです。野球に例えるなら、「球が止まって見える。」のです。その結果、本命の大阪市での合格はもちろん、併願した大阪府の集団面接においても、五人中私一人だけが一次試験を突破できました。
 そして、もう一つ、浩の教室の素晴らしいところは、かけがえのない仲間たちに出会えることです。始めは見ず知らずの他人でも、先生になりたい!という熱い夢を持って、共に厳しい面接練習に耐え、一緒に笑い、一緒に泣くことで、仲間の絆が創られていきます。この仲間たちと、浩先生の厳しい模擬面接に勝つため、勉強会が始まる前にカフェで面接練習を行い続けたことも、私を合格に導いてくれました。長く、苦しいことも多いはずの試験勉強も、仲間たちのおかげで楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。
 ある日、仕事場の同僚から、趣味は何?と聞かれたとき、「面接練習です。」と言って笑われたこともありました。それぐらい試験勉強に夢中になれたのです。そんな仲間たちと、一次試験を明日に控え、一緒に突破するぞと固く握手を交わし合いました。二次試験直前の模擬面接終了後、一人の仲間が、「1年間、一緒に頑張ってきて、楽しかったです。このまま合格しちゃってくださいね。」というコメント用紙をくれた時、涙をこらえられませんでした。仲間との関わりの一つ一つが、私を勇気づけてくれたのです。

私の好きな言葉に

 楽しいときは、笑顔が育ち。
 苦しい時は、心が育つ。
 人生に無駄なことなんてない。

というものがあります。
 浩の教室は、笑顔と心を育てる場所です。仲間と共に、あなたの夢を叶えてください。私にできたのです。あなたになら必ずできます。
 来年の夏、あなたの高校野球並に熱いドラマを期待しています!!!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2012年夏受験 合格 HN ケンケンさん(男性)
 私は教員採用試験を二回目で合格できました。大学生で受けた一回目は一次試験で不合格でした。筆記試験はできましたが、自信がないまま臨んだ面接が良くなかったと思います。「面接対策をしなければならない」と思い、ネットで探したら浩の教室を見つけました。とにかく集団面接に参加することで、先生や他の参加者からたくさんアドバイスをいただきました。自分の長所と短所を把握できました。そして、自信を持って一次試験の集団面接に臨むことができ合格できました。その勢いと自信で、二次試験の個人面接でも自分をアピールでき、合格にいたったのです。
 この4月からは、公立中学で常勤講師をしながらの二回目の受験でした。しかも、いきなりの1年担任でクラブ顧問もしながらで、勉強時間の確保は難しかったです。しかし、わずかな時間の筆記対策、そして浩の教室での定期的な面接対策を継続しました。そして、「絶対に合格する」という自信を持って採用試験の合格を勝ち取ることができました。
 最後に、私を支えてくださった皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

石川県 2012年夏受験 合格 HN サンダーバードさん(男性)
 大学3回生の9月。「教員採用試験に真剣に向き合いたい!」、「絶対教師になりたい!」という強い信念だけを持って、「浩の教室」に飛び込みました。私は理工学部生であり、周りに教員採用試験を受験する友人が少ない環境にいたため、試験に向けた勉強法がはっきり分かっていませんでした。少なくとも、「面接」、「模擬授業」などの人物対策は私一人の力ではどうしようもなく、このままノコノコと大学に通っているだけでは合格できないと感じていました。
 また、私は4年前に国立大学入試に失敗し、大変悔しい思いをしました。「もうあんなに悔しいやりきれない気持ちになるのは絶対に嫌だ!」と、強い執念を燃やしていたこともあり、1年間この勉強会に継続的に参加しました。その結果、新卒で地元の石川県教員採用試験に合格する事ができました。教育委員会のサイトに記載された私の受験番号を見て、うれし涙がとまりませんでした。浩先生、参加者の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
 勉強会に参加することで、人物対策において、何をすべきか、どんな力をつけるべきかがよく分かりました。毎回行なわれる模擬面接に参加すると、先生や他の参加者から沢山のコメントが頂けます。そこには「声が小さい、覇気がない、内容が良く分からなかった」など大変正直で辛口なコメントが書かれます(笑)。私も最初は(最後まで)そのようなコメントを頂くことが多く、欠点を痛感させられ、すごく悔しかったです。それでも、模擬面接を重ねていくうちに自分自身の短所、偏った考え方を(勿論、良い所も)自然と把握できるようになりました。
 そして、コメントの中でご指摘を頂いた箇所を徐々に改善する事で、面接力・論理力が格段に向上しました。面接で答えられなかった質問は、その都度面接ノートに書いてその答えを考えました。「今度は見返してやろう!」という意気込みで1週間勉強し、次週の勉強会の面接に再び参加する流れを繰り返しました。
 このサイクルが確立した事で、普段の生活も、常に教採モード。良いフレーズや考えが思い浮かぶと、メモを取る癖がつきました。面接試験当日は特に緊張することなく、平常心を保って自分自身を出し切ることができました。「この質問、勉強会でやったな。よし、落ち着いて答えるぞ」と自分に言い聞かせながら、無事に試験を終える事ができました。
 この勉強会は参加者全員で同じ目標を共有し、自分に厳しく他人にも厳しく、時には慰め合い助け合い、喜怒哀楽を共にすることで、一致団結して教員採用試験に臨む事ができる最高の「教職塾」だと感じました。特に、私のような教職志望者が少ない学部に所属する学生には超おススメします。勿論、この勉強会では教採対策だけにとらわれず、正規教員になった後に、教育現場で生かすことのできる考え方や取り組みを身につける事もできます。主宰の浩先生には関西人ならではの面白さとユーモアがあります。
 来年度から私は、地元石川へ戻り教壇に立ちますが、また続けて参加したいそう思えるような勉強会、いや、私の第二の母校。それが「浩の教室」です。稚拙な文章で申し訳ありませんが、改めて感謝申し上げます。本当にお世話になりました。有り難うございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2012年夏受験 合格 HN メガネさん(男性)
 私は教員採用試験を2年受験し、2年目で合格しました。私にとって初めての教員採用試験である2011年の採用試験は、大阪市中学校で受験し、1次試験は合格できたものの、2次試験で不合格。私立高校の非常勤講師をしながら迎えた2012年の採用試験は、大阪府で受験し、無事合格。浩の教室に通っていなければ、100%、1次試験にすら合格できていなかったでしょう。
 思い返せば3年前、勤めを辞し、塾講師のアルバイトで生活費を得ながら通信制大学にて教員免許を取得し始めました。私の出身学部は教育学部ではなく文学部であり、周囲の友人も教員をしている者は一人もいません。とにかく教師になるにはどうすれば良いのかが、まったくわかりませんでした。そもそも学校にいる教師は全員、教員採用試験に合格している人ばかりだと勘違いしていたぐらいです。こんな無知な私が、何か情報を得ることのできるような絶好の場所はないものかと、日々思っていました。そんな時ネットで浩の教室なるものを発見した私は、1回1000円という参加費の安さに背中を押され、参加してみることにしました。
 初めて参加した私は、教員採用試験の実態を聞いて驚きました。それまではただ漠然と筆記試験の勉強をしていれば良いのだと誤解していました。面接試験の重要性を教わり、これからはこの場所で積極的に面接の練習をさせていただこうと決心しました。
 それから私はほぼ毎回集団面接に参加し、面接ノートをつくり、勉強会で学んだことや指摘されたことを書き込んでいきました。また集団面接だけではなく、個人面接の練習や、模擬授業の練習も数回させていただき、これらは2次試験の合格に直結しました。
 教員採用試験では校種教科を問わずに、面接試験が非常に重要です。そして、「面接における自身の欠点を抽出し、それを是正すること」でしか面接は上達しないのではないでしょうか。浩の教室は基本的には明るく和やかな雰囲気ですが、ときに辛辣なアドバイスも受けます。しかし、そのようなアドバイスこそが、合格するために最も必要なものであると思います。
 私は参加したことがありませんが、大手予備校が主催するような講習会では、おそらくさほど辛辣なことを言われないであろうし、合格した方々からの生の声もあまり聞けないと思います。もちろんどちらを選択するのかは個人の自由ですが、私は浩の教室を選択したことが、教員採用試験の受験2回目で大阪府高校に合格できたという、比較的短期間での合格の最大の要因であったと確信しています。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2011年夏受験 合格 HN 2011ハッピーさん(女性)
 私は、大学を卒業してから7回採用試験を受験しました。1次試験でダメだったり、2次試験でダメだったりと毎年恒例行事のように夏に悔し泣きし、そして夏休みを満喫できずに秋になる・・・という繰り返しでした。
 自分の何がダメなのか分からず、落ちるたびにモチベーションが下がり、この状況を何とかしたいという一心で「浩の教室」に申し込みました。
 勉強会に初めて参加した日は、一人で参加した不安と、他の参加者の発言力のすごさと積極性に驚くばかりで、ただ聞いていることしかできませんでした。しかし、ここで勉強したら何とかなるかもしれない!自分もがんばろう!という気にさせてくれる勉強会でした。
 それから約1年半ほぼ毎週、勉強会に参加させてもらいました。2回目以降は勉強会に参加するたびに集団面接、模擬授業、個人面接など何かに必ず参加するようにしました。先生から今まで目を背けていた自分の欠点を指摘され落ち込むと、仲間がどうすればいいかをアドバイスしてくれる。そのアドバイスをもとに次の勉強会でまたチャレンジする。そして、何度もチャレンジして先生やみんなに「今日のはよかった」と言われると、うれしくて次もがんばろうと気合いがはいりました。先生やみんなに助けられながら、そんな繰り返しをすることで自分の欠点と向き合い、少しずつ成長できたのだと思います。そして何度も何度もチャレンジさせてもらえる環境がとても有り難かったです。
 採用試験合格まで、7年ととても長く、何度もあきらめようとしました。採用試験の勉強が嫌で仕方なく、早く解放されたいとずっと思っていました。でも、「浩の教室」に通った2011年は初めて試験勉強が楽しいと思えました。真剣に向き合ってくれる先生と仲間と同じ目標を持って勉強できたことが合格に繋がったと「浩の教室」の先生や仲間にとても感謝しています。
 もし、なかなか合格できず、もうあきらめようかな・・・と思っている方がいたらぜひ「浩の教室」に通ってみてください!!きっともう一回がんばろうという気にさせてもらえます。次の夏にはきっとうれし泣きができると思います!!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

堺市 2011年夏受験 合格 HN GOMEGO 13さん(男性)
 まずはじめにお伝えしたいことがあります。それは…
 「絶対に教師になりたい!」と思う方は「絶対浩の教室へ来てほしい!」ということです。宣伝のためなどではなく、実際に通ってみて、本音でそう言えるのです。
 教員採用試験の勉強していると、必ず「教職教養」や「面接対策」の大きな壁、限界にぶち当たります。私などは、浩の教室に来るまで「教職教養」が試験にあることさえも全く知りませんでした。ただ子どもが大好きで一生懸命成長の手助けをしたい、と理想に酔っていたのかも知れません。今思えば、本当に恥ずかしいことです。
 しかし、そんな天然無知な私を浩先生とかけがえのない仲間が合格へと導いてくれました。派遣社員で働く33歳のおっさんが。そして、僭越ながら、1発で試験に合格できるです。もちろん1人じゃ絶対に無理です。こんな教室、他を探してもないと思います。金額も1回1000円なので私のような貧乏人の味方。ふつうは詐欺じゃないか疑ってしまうところですが、本当にこんな教室あるんです。ミラクルです。
 「浩先生」はダンディーで洒落の聞く、厳しさと愛情をダイレクトに生徒へ注いでくださる、アツイ方です。「学生時代にこんな先生に会いたかった!」と思えるような先生です。実際に一緒にいるとよくわかります。
 この教室で出会える「仲間」は、みな真剣に合格を狙う意識の高い方たちばかり。みんな優しくて、陽気で、アツい。だから自分も自然と一生懸命になれるし、恥を捨てて面接練習に飛び込んでいける。今までになかった自信や勇気をもらい、時間が経つほどに仲間同士の絆も深まります。
 勉強会の内容は、段階的に自分自身を深く見つめ直せるようにしっかりと練られています。「自己売り込みのツボ」で自身のよさを凝縮表現し、「集団面接」で面接に対して技術と免疫に磨きをかけ、「模擬授業」「個人面接」で仕上げにかかります。これらを通して、先生や仲間から時に温かく、時に厳しくアドバイスを受けます。その繰り返しを通して「対試験官」対策となる「面接力」を鍛え上げていきます。練習の度に仲間からもらえる「観察メモ」は、後に一生の宝物となります。こうして、合格への階段を確実に上っていくのです。予備校とは違い、全員合格を目指してお互いを高め合えるのもこの教室の特徴です。
 ここまでの話をまとめると、「浩の教室」は、『@先生A仲間B内容C価格』 どれも国内トップクラスの教室である、ということです。こんな素晴らしい教室はほかにありません。
とにかく「本気で教師になりたい!」と思う方、少しでも早く、勉強会に参加して現場の空気を味わってみてください。素敵な先生と仲間と授業が待っています。私も陰ながら本気で応援しています。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

兵庫県 2011年夏受験 合格 HN ケニーパパさん(男性)
 私が浩の教室に初めて参加したのは2年前の8月下旬でした。その時は兵庫が1次で敗退で、川崎の2次対策をどうしようかなと思い、わらをもすがる思いで参加しました。初めて参加した時は、本当に衝撃的でした。先生のこれでもかというくらいの質問攻め。そしてさらに驚いたのは、参加者の方々がみんな、その質問に対して、テンポよくすらすらと答えておられたことでした。この勉強会に通いつめたら絶対合格できる!そう確信しました。
 そして昨年度は、よっぽどな用事がない限りは、ほとんど出席しました。そのおかげで、私の面接力は飛躍的にupしました。神奈川・愛知・兵庫と3自治体の1次を突破したのは間違いなく昨年度、鍛えて頂いたおかげだと思います。
 私は今回、11回目の受験でようやく合格することができました。極度の人見知りであると共に本番に弱い私が合格できたのは、「浩の教室」で「面接力」を鍛えて頂いたおかげだと思い、浩先生はじめ、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。この勉強会は全国一レベルが高い勉強会だと思います。ぜひみなさんも参加して、合格を勝ち取りましょう!!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市 2011年夏受験 合格 HN まろんさん(女性)
 採用試験を経験してみて、思うことは「ひとりじゃないから、がんばれた」ということです。
 家族の支え、仲間との切磋琢磨、浩先生の的確な助言。これらがなければ、合格はなかったと断言できます。
 私は3児の母であり、特別支援補助の先生として小学校で働いています。忙しい中で時間をやりくりしながら試験勉強に集中する私を、家族全員が理解して応援してくれました。
 また、浩の教室で出会った仲間には、悩んだ時も落ち込んだ時も、何度も助けられました。苦しさを分かち合い、くじけそうになった時には励まし合いました。苦手な数学もがんばれたのは、同じように頑張っていた仲間がいたお陰です。
 そして、浩先生。ズバリ!とおっしゃる指摘やアドバイスが、的を外すことはありません。時には厳しく、笑いも交えながら、私達のためを思って言葉をかけて下さいました。でも、余裕のない私は、受け止めることで精一杯。家に帰ってから、先生の言葉を思いだし、何時間も面接ノートとにらめっこをしました。びっしり書き込んだ四冊の面接ノートをみると、頑張っていたことを思い出します。
 今年、二回目の成人式を迎える私が合格するには、人と同じ努力ではダメだったでしょう。「もうこんな辛いこと二度としたくない!だから、今頑張ろ!!」と思って自分を励ましていました。
 採用試験の勉強は、実際に現場では役にたたないと思われがちですが、私は必要だと思っています。
 特に、短い時間で面接官に考えを伝える力は、子どもたちに話をする時に必ず必要な技術です。また、仲間と情報を共有したり、協力しあうことは、教師間の連携にも繋がります。何より、自分がどんな子どもを育てようとしているのか、そのために何をしなければならないか、だんだん自分の中ではっきりしてきます。ぶれない芯が通れば、どんな面接の質問も怖くなくなりますよ!
 まずは、「受かる決意」をして下さい。
 そして、浩の教室に飛び込んで下さい。
 必ず道は開けます!
 しかも、私には最短距離の道でした。
 4月から教壇に立ちます。自分を支えて下さった大切な人たちへの感謝の気持ちを忘れず、子どもたちのために全力を尽くします。ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2011年夏受験 合格 HN うどん大好きさん(女性)
 私は、2年間、浩の教室に通いました
 1年目は、筆記テストも集団面接もそれなりに・・・と思っていましたが、あえなく撃沈。
 そして、臨んだ2年目。自分に足りなかったものは「笑顔」だと思い、笑顔作りに力を注ぎました。しかし、なかなか作ることができません。結局、直前まで悩みました。この悩んでいた時に力になったのが、先生からの厳しくもユーモアたっぷりの励ましと、仲間のあたたかい言葉でした。
 本番では、浩先生や仲間の顔を思い浮かべながら、初めて「楽しい面接」ができました。
 私は、年齢も30代、他職種からの転職、現場経験ゼロのナイナイづくし。もう無理では・・・と諦めかけたこともありました。しかし、教室で出会った仲間と励ましあい、高めあい、合格することができました。
 このサイトを読まれているみなさん。浩の教室は、すばらしい情熱を持った先生、そして仲間に出会えるところです。迷わず、一度参加してみてください。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市 2011年夏受験 合格 HN 大阪一の横浜ベイスターズファンさん(男性)
  私は、第8期・第1回目から参加させていただきました。今考えると1年経つのが早かったなあと感じています。私が最初に浩の教室の集団面接を見たとき、「俺には絶対無理やわー」と感じました。しかし、面接が上手な方の発言、立ち振る舞いをメモしているうちに、だんだんと自分にも自信が付き、集団面接が大好きになりました。今面接をした回数を数えてみると、集団面接、個人面接足して70回以上していました。(笑)
 教員採用試験合格のコツをズバリ一言で言うなら、「すべて一生懸命する」ということです。勉強、遊び、仕事、恋愛etc・・・。教員採用試験には高い学力を持った人だけが合格するという訳ではありません。子どもへの接し方、話し方、そのほか、自分の人生経験など様々な観点から質問されます。そのためにも、たくさん勉強して、たくさん遊んでということが大切だというのは一目瞭然ですね。
 この浩の教室には様々な年齢、職歴を持った方がたくさんいらっしゃいます。色んな方とお話をしてください。また、浩先生はめちゃくちゃ面白い先生です。時にはその優しい先生から厳しい激が飛ぶこともあると思います。でもそれも、先生からの愛です。浩の教室で出会った友達とは同じ夢を追いかけた仲間として、ずっと付き合っていくことができます。行こうか悩んでいる方がいらっしゃれば絶対足を運んだ方がいいですよ。合格目指して頑張ってください。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2010年夏受験 合格 HN ノアさん(女性)
 思えば、2009年の10月下旬、2年連続2次試験で不合格という結果に呆然とする中、ふとのぞいたミクシィで、席が1つ空いたことを知り、何かに吸いこまれるようにこちらの勉強会に申し込みました。この選択があったからこそ、今の自分があると自信を持って言えます。
 この勉強会では、面接練習や自己売込みのツボ等を見ていただく中で、浩先生や他の仲間の率直な意見を聞くことができます。終了後もらうコメント用紙は、その日の振り返りを行う上でとても参考になるもので、何度も読み返し、その日に頂いた意見と合わせながら、改善点を洗い出しました。私はこの経験から、自身の足りないところだけでなく、自分の強みにも気付くことができました。
 また、この場では、自分が行うだけではなく、他の仲間の実践を沢山見ることができます。様々な経験をなさってきた、熱意あふれる方々の実践から、姿勢、話し方から教育に関する考え方まで…自分を見直すヒントを多数いただきました。
 もし、このHPを見ながら悩んでいる人がいるなら、ぜひ一度足を運んでみてください。きっと自分を見つめなおすことができると思います。何よりもまず、行動すること!その大切さを実感した1年でした。
 浩先生、そして一緒勉強してきた仲間の皆さん、本当にありがとうございました!!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市 2010年夏受験 合格 HN さやっぺさん(女性)
 私が浩の教室に出会った日から1年が経ちました。
 教員採用試験の受験を決めたものの、周りには教員を目指す人がおらず、どうしても仲間がほしい!とインターネットで検索を繰り返すうちに見つけたこの教室。「1回千円?しかも梅田。お得やん。」はじめは「お得感」に惹かれて教室の門をたたいたのです。
 浩の教室はとにかく熱い。持ち合わせの力でなんとなくがんばろう・・・というのではなく、全員が今の自分を乗り越え高みを目指そうという熱気に満ちていました。そして、浩先生も私たちの熱さに答えるべく真剣に向き合って下さいました。
 回数を重ねる毎に「お得感」ではなく、「合格すること、そして合格するだけの教員に終わらない勉強会の熱さ」に惹かれて参加するようになりました。面接練習では自分を隠したり、取り繕うことができませんでした。先生は一人ひとりのいいところをほめつつ、改善すべきところは単刀直入にずばりとおっしゃる。自分の至らなさと向き合うことは辛いです。「話し方」について指摘された時は「どないせえっちゅうねん!」と思いながらも、家で何度も練習しました。大阪市の場面指導練習で「保護者の剣幕に言い負かされてる」と指摘され「くやし〜」と思い書籍などを読んで保護者対応の勉強をしました。いまへこたれていては教員になっても続かないのです。浩の教室のメンバーはみんなそれぞれ「ぎりぎり」の状況にありならも支え合い合格を目指しました。私はしんどいことに立ち向かう時、一人では乗り越えられないと思います。試験勉強で辛い時、「今頃○○さんもがんばってるんやろな。」と発奮できました。馴れ合いや単なるお友達関係ではない切磋琢磨できる仲間、今の自分を乗り越える時に的確にアドバイスを下さる浩先生。そんな素敵な関係が浩の教室にはあります。こういった学びの場がもっと増えればいいのになと思います。
 浩の教室での教員採用試験受験から合格までの日々は本当に楽しかったです。
 真剣な勉強の場でありながら、よく笑いました。先生のユーモア、勉強会やその後の珈琲会に現れる参加者の個性の面白さ。あの「笑い」があったからこそ、しんどい時でもしんどさを笑い飛ばす心の余裕ができました。浩先生、そしてみなさん!!本当に有難うございました。これからは一緒に大阪の、日本の教育をより素晴らしいものにしていきましょう。そしていま浩の教室に申し込もうか迷っているあなた!!是非、新しい扉を開いてみてください。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

堺市 2010年夏受験 合格 HN はんにゃばるさん(女性)
 私が浩の教室にはじめて参加したのは2009年の秋です。
 それまで、大阪府教員採用試験の「人物重視」の噂は耳にしていたし、「私、いい奴やし、簡単に受かるやろ〜」と、とても安易に考えていました。ただ、筆記試験がとにかく苦手で、その勉強法のヒントをこの勉強会の参加者の方々に教えてもらおう、という甘えた感覚で勉強会に参加しました。
 そして、その考えは初めて勉強会に出席した瞬間に吹き飛びました。「このままでは絶対に受からない」「考えが甘すぎた」という思いを抱えて、家路についたのを今でも憶えています。それほど、勉強会の参加者、そして浩先生の思いは熱く、真剣さが伝わったからです。
 それから私は変わりました。勉強会に参加するからには、何かひとつでも自分のものにして帰ろう、そして参加者のためになって帰ろう、と思い、積極的に発言し、その発言の機会を得るために、先生の横にもよく座りました。苦手だった筆記試験も逃げずにやるようになりました。
 この一年自分でも本当によく頑張ったと思います。それができたのは、勉強会に参加して、自分が教師になって何がしたかったのかが明確になり、それを絶対にやるんだと、決意できたから。そして、勉強会参加者に対して、勝手にライバル心を燃やし、絶対に負けないぞ!と思ったから。そして、浩先生に一度でいいからほめられたい!と思ったからです。
 今教員採用試験を振り返ってみて、私一人では絶対に何十年かかっても合格はしなかったと思います。自分のやる気と勉強会でたくさん勉強を教えてくれた仲間と、厳しさとユーモアを交えた先生の講義があったからこそ、今回合格通知を手にできたのだと思います。
 勉強会の仲間のみんな、そして浩先生、本当に本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2010年夏受験 合格 HN エスプレッシーボさん(男性)
 浩の教室の主宰である浩先生を一言で言うと『人を残す。』方である。2009年度楽天イーグルスの監督であった野村克也監督勇退の時に「財を残すのは下、仕事を残すのは中、人を残すのは上とする。」と言った。これまで数多くの方達が、このサイトから勉強会に参加し教員になった事を考えるとこの言葉がピッタリだ。今から私の声でその解明に迫る。
 浩の教室は『勉強の場』ではない。『学びの場』である。これは私が2年間この勉強会に参加し大きく感じたことである。勉強は『強いて勉める。』と書き、強制的にさせられるイメージがあって、どこかそれを拭い切れない。しかし学びはそもそも『まねぶ』と書き、『見習って行なう』や『まねて自分のものにする』という語源がある。
 私がはじめて浩の教室の勉強会(私は学習会の方が適していると思うが、ここではサイト通り勉強会にする。)に参加したとき、そこはある意味戦場であった。参加者の合格したいという思いが体から伝わってくる。積極的な態度、集団討論から出てくる様々な教育用語、それを書き取ってコメントを残すオブザーバー、参加者ひとりひとりの言動が私を驚かせた。もちろん浩先生の過去問解説や教育学講義も勉強になったが、人物重視と言われる採用試験で参加者の姿勢がこんなにも問われる勉強会に魅力を感じた。「このままではいけない…。」とどれ程感じたことか。今自分ができるのはこの人たちをまねて自分のものにする事しかない。私は始めた。教育用語は家に帰って調べノートにし、討論には積極的に参加し、感じたことは意見としていう。面接ノートを作る。そういった積み重ねに今の私があると思う。
 それでも一年目は不合格であった。何がいけなかったのか正直わからなかった。筆記試験は前よりも高得点を獲得し、面接もそれなりの事が言えた。本当に本当に悔しかった。そんな中、先に合格したこの勉強会で出会った仲間に「あなたの存在があって合格ができた。来年は絶対合格して。私の夢は理系女子を多く輩出させる事。そのためにあなたが必要だ!」とねぎらいの言葉をもらった。この言葉に正直救われた。受験地、校種、教科、年齢が違う人がたくさんいるが、全員でスクラムを組んで合格を目指す事がこの勉強会のスタンスである。そしてここで出会う仲間はこれから何十年も先まで付き合う仲間になるかもしれない。
 二年目は土日の勉強会のほとんどに参加した。私はモチベーションの維持が下手だからである。ここに来るだけで自分の知識になるわけではない。しかし学ぶ意志は持たせてくれる。勉強会の中で1年目の自分と何が変わったかはあまり自分では気付かなかった。しかし実用数学技能検定準1級に合格し、中学校免許を取得したりと明らかに自分の行動が変わった。本番の面接も大きく変わった。自信を持って面接官に伝える事ができた。そして合格した。合格通知を見たとき号泣し、浩先生に報告したときも号泣した。後々考えると1年目は、自分が知識を理解する事でいっぱいいっぱいで相手に伝え理解してもらう事までできていなかったと思った。これは面接のテクニックでは雲泥の差である。
 最後に私は28の歳で合格したので6年かかった。この遠回りした時間は無駄ではないと思うし、生徒達に還元できると信じている。しかし教員を目指す方は採用試験に早く合格することにこしたことではない。合格まで自分で進むのは当然であるが、しかしこのサイトそして勉強会には合格までの近道の地図が一人ひとりにあると私は感じている。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市 2009年夏受験 合格 HN キラ☆キラね〜さん(女性)
 いいかげんに通信教育で教職を学んでいたとき、「大量採用のチャンスがきている」と情報を聞き、無謀にも「私にもできるかも」と勘違いをおこしました。高校卒業から20年たち勉強もろくにできない私。
 なにから手をつけてよいのか全く分からず、周りに聞いたり、あらゆるセミナーに行ったりしました。受かるはずもないのに不安でいっぱいになっていました。ネットで採用系のサイトを探しあさっていたとき、目からうろこのサイトがありました。そこには面接練習の模様や、アドバイスが事細かに書かれていました。しかも一回1000円です。大金を出して専門学校へ行くか悩んでいたので願ったりかなったりの内容に「今すぐにでも参加したい!!」と送信。メールを打つ手も興奮のあまり震えるほどでした。
 すぐに返信をいただき、20年2月初めて、浩の教室の門をくぐりました。
 会社などの面接には自信があり、落とされることはありませんでした。しかし教採の面接は専門性やロールプレイなど、訓練が必要であることを教室で知りました。
 次に行った20年4月。そこで生涯の仲間と出会いました。浩の教室以外でも集まって何度も集団面接や筆記の勉強をしました。珈琲会でもわからないところを教え合いました。一緒に問題を解き一緒に理解していくと不安がやわらきました。
 面接は浩先生のおかげで自信をもって臨めましたが、20年夏の試験では筆記の勉強が間に合わず、あと数点で1次敗退となりました。とてもとても落ち込みました。しかし、私のそばには共に戦える仲間がいました。仲間の励ましは心にしみました。もう限界。もうだめかもしれないと何度も思いましたが、昨年と同じように、仲間と共に一緒に勉強したり、1次の結果もでないままプールの練習をしたりしました。自分の勉強も大変なのに問題を届けてくれる最高の友達もいました。
 「私の試験結果には、合格か合格しかない」と、必勝宣言を皆に言い切って試験に臨みました。そして2回目の挑戦で合格を勝ち取ることができました。勝利の要因は、あきらめない勇気と仲間との励まし合いだったと思います。もちろん浩先生の必勝合格面接テクニックの訓練があってこそですけどね。
 現場は、大変ですが、浩先生に一日一日感謝の気持ちで、最高の教育ができる最高の教師として一生涯歩んでいきます。☆☆「勝つと決めた者が、必ず勝つ!」トルストイ

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN ナニワのイチローさん(男性)
 私は「浩の教室」4年生です。
 上の一文から、私が浩の教室では劣等生であったことに察しがつくでしょう。普通は1年、長くても2年で多くの参加者が合格していきます。思い返せば幾多の人たちが、私より後から参加し始めて、先に先生となっていきました。こんな私がようやく、今年度実施の教員採用試験に合格できました。ひとえに、浩の教室の浩先生と勉強仲間のおかげだと思っています。
 4年前の私は、人物対策を指導してくれる人を求めていました。巷にあふれる講座やセミナーは、一般教養対策と抱き合わせで、受講料がかなりの高額だったりします。私は一般教養対策や専門対策は自分ひとりでするものと思っていましたので、人物対策と教職教養対策に特化した浩の教室に参加し始めたのです。以下に、浩の教室に参加する利点を列挙します。
○みんなで合格するというコンセンサスがあるので、参加者がお互いに高めあえる。
○他の参加者のいいコメントを期待できる(自分なりにアレンジすることは必須)。
○教育現場の「今」を熟知した浩先生の薫陶が得られる。
○何回も面接練習をするので、表現すべき自分の「形」ができあがってくる。
○ズバリ、費用があまりかからない(参加費が1回1000円てのは、格安です)。
 浩の教室主宰の浩先生は、熱心で粘り強く、心優しい方です。それは、何年も合格できなかった私を見捨てることがなかったことからもわかると思います。ただし、「自己売り込みのツボ」実践などで、あまり気を入れないで原稿を書いてきたりすると、途端に見破られ、厳しく叱責されるのでご注意を。常日頃の精進があってこそ、浩の教室での成果が実を結ぶのだという認識が大切です。
 このサイトを見た、先生になりたいあなた!合格への近道切符をゲットするチャンスです。お友達にも声をかけて、「チョイ悪オヤジ」浩先生の下、浩の教室で私たちと一緒に先生を目指しましょう。子どもたちが待っています。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN ちごにさん(男性)

 2009年夏、一次免除の利点を生かし、二次対策を着々と進めつつも、例年とは異なる「模擬授業」なるものの対策に四苦八苦していた。そんな時、「浩の教室」の存在を知った。8月末に初参加したときの先生の言葉は、明快かつ鮮烈だった。
 「この会は、『競い合う』場ではなく『高め合う』場である。全員合格を目指そう!」
 それだけで、直感的に「当たり」だと思った。その直感のまま、初参加当日に個人面接対策をしていただいた。さらに参加を重ね、模擬授業対策を3度していただくうちに、直感が確信へとシフトした。そして見事、合格通知を受け取ったのである。数回の参加ではあったが、その数回無しには、合格は無かったと思う。
 私の個人面接&模擬授業対策への仲間のコメントは、とても温かく、そしてズバリと核心が突かれていた。改めて、仲間とは「鏡」であることを実感した。先の先生の言葉を「当たり」と感じる所以である。ありのままの自分を移す「鏡」…たくさんの「鏡」に磨いてもらえて、私は幸せ者だ。
 私にとって、長らく「学習」とは「ダメな自分との戦い」だった。一浪してせっかく受かった大学を中途退学した後、ダラダラと通信教育で学士号と教員免許を取得、そして五里霧中の教員採用試験対策…。しかし、いつのときもそれとは知らず、多くの仲間に支えられ続けてきたことに、今更ながら気付かされる。
 合格後、老婆心から「不合格だったときの為に…。」と予約していた勉強会に、少々肩身の狭い思いをする覚悟で参加した。しかし、杞憂だった。
 今回惜しくも涙を飲んだ仲間から、「合格、おめでとう!!」と向日葵のような笑顔で握手を求められた。求められるままに固い握手を交わしたとき、合格通知を受け取ったとき以上に、熱くこみ上げるものがあった。やっぱり、私は幸せ者だ。
 次は、自分が教育現場で「鏡」になる番である。そして、私のような幸せ者を増やしていこう。
 だから、勉強会に参加しているみんな、そしてこれから参加するだろうみんな、現場で待ってます!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

三重県 2009年夏受験 合格 HN ☆オバチャン☆さん(女性)
 浩先生、そして、「浩の教室」参加者のみなさま、本当にありがとうございました。今回の試験に合格させていただけたのは、浩先生と「浩の教室」に参加している皆様のおかげです。感謝しています。
 2年前の秋、私は、教員採用試験2次試験での連続不合格という結果を目の当たりにして、「私の何がダメなのか。どうしたらいいのか?」と悩んでいました。予備校へ行けるほどの経済的な余裕はなく、身近に教員採用試験対策の勉強会は存在しません。そんな時、「浩の教室」のHPと出会いました。先生の言葉や「合格者の声」を拝見し、説得力のある具体的な言葉の数々を見て、「ここなら、私を合格へと導いてくれる!」と思い、勉強会に参加する決意をしました。
 この勉強会に参加させていただき、「私の何がダメなのか。どうしたらいいのか?」という疑問や悩みを解決することができました。キーワードは、「話し方」でした。
 集団面接や討論に参加させていただく中で、仲間からのコメントの多くに、「話し方に抑揚がない」、「オバチャンみたいな喋り」、「意見が簡潔ではない」、「内容が抽象的」など、自分では全く自覚していないことばかりの非常に厳しい言葉をたくさんいただきました。そして、自分のこの話し方が、合格への足かせになっていることを痛感しました。
 このことを知って以降、私はとにかく話し方に細心の注意を払うようにし、苦手だった面接や討論練習に、積極的に挑戦しました。最初のうちは、全くといっていいほど進歩はなく、へこむ日々が続きましたが、粘り強く、諦めずに取り組んで行くうちに、徐々に改善していけるようになりました。その結果、面接試験本番では、これまで以上に自信をもって挑むことができました。
 正直、自分の話し方に問題があるとは微塵も思っていませんでした。そのため、もし、「浩の教室」に参加せず、一人で教員採用試験対策をしていたら、このことに気付けずに路頭に迷っていたと思います。そう思うと、「浩の教室」に参加し、浩先生と同じ志をもつたくさんの仲間を出会えて本当に良かったです!
 これら以外にも、私が「浩の教室」で学んだことや得たことがあります。
@仲間がいることで、挫折しそうな時、辛い時、逃げたい時も頑張れます。
A自分と同じ弱点がある仲間は必ずいます。仲間の面接や討論の姿を拝見することで、自分を客観視することができます。まさに、「人の振り見て我が振りなおせ!」
B他校種・教科の人から、自分の志す校種・教科についてのアドバイスをいただくことができるので、大変勉強になります。
C面接は、練習あるのみだと思いました!場数と場慣れをすることで、試験本番でリラックスして面接を受けることができます。
D逃げない、自分と向き合う、どんなことでも失敗を恐れず積極的にチャレンジすることで、自分の欠点を発見・改善していくことができたり、精神的に強くなり挫折しそうな心や怠け心に打ち勝ったりすることができます。
 「浩の教室」に参加させていただき、教育や教師に関わることだけでなく、人を思いやるとか仲間の大切さとか、人として大切なことも得ることができました。「『浩の教室』に通って本当に良かった。」この一言につきます。
 このHPをご覧になっている方で、教員採用試験のことで、悩んでいたり迷っていたり不安に思っていたりする方は、是非とも出会いと学びが満載の「浩の教室」へ足を運んでみてください!そして、浩先生をとことん信じてついていってください。必ずや合格への道が切り拓けます!

「浩の教室」でゲットしたイリオモテヤマネコ。
この猫を目の前にしながら、勉強に励みました!まさに、招き猫!



勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN 魔王さん(女性)
 2008年秋、海外で仕事をしていた私は、このまま安定した海外生活を続けるのか、それとも仕事を辞め、無職として採用試験のためだけに日本へ帰国するのか、非常に大きな決断をしなければなりませんでした。
 海外生活ならではの、採用試験を受けるためのリスクは半端なものではありませんでした。しかし、2009年夏、私は無職になり、採用試験のためだけに帰国しました。
 私の中での約束、
 それは「一度きりの採用試験」。
 色々な事情で、この試験に合格しなければ、また海外へ戻らなければなりませんでした。
 そしてもう一つの原動力。
 海外生活の間、最愛の母を亡くし、母もまた、教師でした。退職した後も「今度生まれ変わったら、もう一度教師になりたい」と受話器越しにいつも私に言っていました。そんな母の夢を背負い、何も親孝行ができなかった母への恩返しを胸に、一度きりの採用試験を決意したのです。
 しかし海外で勉強をするには限度がありました。現地の本屋さんに行っても、採用試験の本なんて置いてあるはずがなく、頼りになるのはインターネットで見られる「浩の教室」だけでした。毎日毎日「浩の教室」をチェックし、印刷しては職場へ持って行き、休憩時間も「浩の教室」を読んでいました。
 実際の「浩の教室」と出会ったのは今年の夏。生徒を厳しく指導する先生の目の奥には、生徒一人一人への愛情があり、何よりもまず、先生自身が全員合格への情熱を持っていました。また先生は勉強会の最中でも笑いを忘れず、生徒とともに一喜一憂できる素晴らしい先生でした。こんな先生みたいになりたい!と思えるような人に、このような形で出会えたのは自分の中でも衝撃的でした。
 この場をお借りして、先生、そしてともに戦った仲間へ、心より感謝を申し上げます。
 これから採用試験を受ける皆さん、「浩の教室」では、あなたが真剣に取り組むなら、必ず多くのものが得られます。
 改めて、先生、そして同じ目標をもつ仲間たちに会えた浩の教室に感謝いたします。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

兵庫県 2009年夏受験 合格 HN もん吉さん(男性)
 「浩の教室」を初めて知ったのは、教採について検索していた時です。安く面接の練習ができるところを探していたので、すぐに申し込みました。
 そこには、とても真面目に教員を目指す老若男女がいました。初参加でしたが、勇気を出して集団討論に参加すると、討論の後には参加者から遠慮なくビシビシ指摘が入りました。討論の内容は細かく分析され、サイトにアップされていたので、後で振り返ることができました。答申の行間までの読み込みや、詳しすぎる問題解説にも度肝を抜かれました。
 何回か参加した後、個人面接にも挑戦しました。私は教師復職を目指す再挑戦組でしたので、面接官を納得させられるだけの情熱を伝えられるかがテーマでした。個人面接の練習は、自分がすべて着ぐるみはがされる気がして、手を挙げるのはずいぶんためらいました。でも、やったらやっただけ自分に返ってきます。
 不合格を繰り返し、約3年通いました。たくさん教えてもらえたので、あとは自分自身の問題だと考え、ここ2年ほどは教室には行っていません。でも、面接の土台になっているのは、教室で練習したことです。場数を踏んでいることは自信になり、当日はそれほど緊張せずに済みました。
 先生にはとても親身になって指導して戴きました。心から感謝しています。みなさん、「浩の教室」は来る価値あります。お勧めします。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN つばささん(女性)
 去年の8月の終わりに、この「浩の教室」に初めて参加しました。ネットで探し、どんなところかわからないけれど、とにかく行って見ました。参加してみると、本当に皆さんが真剣に取り組んでいるということがよくわかり、自分ももっとやらなければならない気持ちにさせてもらえました。
 ここでは採用試験に合格することだけが目的ではなく、そこから先に必要なことを教えてもらえたり、再認識したり、自分自身を客観的にみつめ、人として成長することができます。同じ目標をもった仲間や時には厳しく時にはやさしく指導してくださる浩先生がいたからこそ、この合格につながったと思います。
 とにかく、絶対に諦めず、自分の力を信じて挑戦することが大切です。くじけそうになってもこの教室には仲間がいます。浩先生がいます。だから・・・がんばれる自分がいます。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN mocoさん(女性)
 「大阪府の教員採用試験に来ていただきありがとうございます。みなさんのことをよく知りたいと思っていますので、よろしくおねがいします。」
 これは、面接のときに試験官がおはなしする言葉です。浩先生が面接練習の際、必ずおはなしする言葉でもあります。
 いつも、本番!そんな張り詰めた空気の後にみんなで和むコーヒー会はレベルアップした会話です。コーヒー会でのコーヒー・・・ではなくミックスジュースは、やたらとおいしかったです。自分自身が変わっていく、メンバーが変わっていく、そんなことを感じたオイシサでもあります。
 ステキな先生になって先生に恩返しします。ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

奈良県 2009年夏受験 合格 HN べるりんさん(男性)
 講師2年目の秋、「来年こそは受かるぞ」と覚悟を決め、同僚の紹介で知ったこの浩の教室に通い始めました。最初は集団討論の熱の入った討議に圧倒され、しばらくは見学の状態が続きました。しかし、ここで踏みとどまっていては成長しない、と勇気を出して集団討論に参加しましたが、最初からそううまくはいきません。
 何度も失敗し、いつも反省点が多く残りました。その日の討論が終わるたびに、どのような意見が良かったのかを後でもう一度討論再現ページを見ながらゆっくりと考え、ノートにまとめていきました。また、自己売り込みのツボでは、自分が考えるアピールポイントに対してたくさんの方の意見をいただけるので、まさに自分の売り込みのツボが分かりました。そうして培った教育的思考と自己分析結果をもとに集団面接や個人面接に挑んでいくのですが、今思えば本当に良く考えられたカリキュラムで私にとってこれほど効率的な勉強会は他になかっただろうなと感じています。もちろん先生も受講生も皆真剣です。これだけ「本気」の人間が集まる勉強会だからこそ、より効率的な勉強ができるのだと思います。
 私が今回合格できたのは、まさに浩先生や勉強会のみなさんのおかげです。特別支援学校希望であろうと、養護教諭希望であろうと、この勉強会に参加して損はありません。ここで得られるものは、受験に受かるための知識や技術だけでなく、人としての魅力を存分に引き出してくれます。きっとこれからの教師人生にも大きく影響して来るだろうと思います。このサイトを知ることができ、この勉強会で浩先生や参加者のみなさんと共にがんばれたことを幸せに思います。本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN アプリコットさん(女性)
 30後半、子持ち、女性。小学校に採用されるには、大変厳しい条件を備えた私でしたが、初めての受験で合格することができました。何も考えずに通信教育で免許取得からスタートし、一年目は楽しく、久しぶりの大学生を謳歌していました。しかし試験4ヶ月前の3月、突然焦りが生まれ、意味もなく問題集などを買い揃え「勉強した気分」になっていました。私は専門学校の講師として働いるので、自身が他の専門学校や予備校に通うことは身分上許されません。先生との距離が近い、励ましあえる仲間ができるような「勉強場所」はないかと探していたところ、まさしく理想通り「浩の教室」を見つけることができました。いざ参加してびっくり。参加されている方の勉強量、知識、面接への意気込みなどに加え、講師をしている方が多く、「実際現場で先生している人と戦うのか…」と思うと、安易な気持ちはすぐに吹っ飛びました。それからは時間が許す限り勉強会に参加し、時には熱く語り合い、生涯付き合っていくだろう仲間たちもたくさんできました。はじめは「参加するだけの人」でしたが、それでは何の力にもなりません。面接練習で指摘されたところは素直に認め、よりよいものに作り変えて次に参加する、このスタンスを何度も繰り返していきました。
 「1年目で絶対受かる」と決め、採用試験に臨みました。1次の筆記で大失敗したときに、先生が「あなたなら満点近くとると思ったのに・・」と残念そうな顔をされたことが私を奮起させ、2次の筆記ではほぼ満点をとることができました。2次面接では「浩の教室」での練習成果を思う存分発揮でき、超圧迫面接官が最後に私を「○○先生」と呼びはじめたので、「よし!」と手ごたえを感じることができました。
 次に必ず合格されたい方、必ずここへ来てください。共に戦える仲間と、厳しくも自分を見守ってくれる先生が待っています。先生、本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

奈良県 2009年夏受験 合格 HN みゃ〜さん(女性)
 わたしは、5度目の受験で教員採用試験に合格することができました。
 これはすべて浩の教室で学んできたことを活かし、またそこでできた仲間と励まし合い、共に学び合って、勢いで得ることができた合格だと思っています。
 2年前、集団討論が苦手で、どうしたらいいかと合格した友人に相談した際に、浩の教室を紹介して貰い、訪ねてみました。どんな雰囲気なのだろうかと、とても緊張しながら1人で教室に初めて行った日のことを、今でも覚えています。参加してみると、周りの方々の集団討論での発言のすごさに圧倒され、勉強されている量に圧倒され、参加するたびに、もっともっと勉強しなくては・・と感じました。見よう見まねで集団討論用のノートを作り、テーマに沿って自分の考えをまとめるようにしました。苦手ながらも、勇気を出して集団討論に参加し、また他の方々の討論を見ることだけでもとても勉強になりました。2回目の参加で、浩先生は「君はなかなかエキセントリックやな」とわたしの性格を見抜いておられて、先生の人柄もとても気さくで温かく、エントリーシートの添削や、個人面接の対策もよくして頂き、教採には全く関係のない相談にもよくのって頂きました。
 また教室で知り合った仲間同士でも勉強会を開き、専門教科の勉強や面接の練習をしました。同じ目標を持った仲間と励まし合えたからこそ、ここまでやってこれたと思います。
 確かに、女子1人で教室に乗り込むのには勇気が要りました。でも勢いで行ってしまえば、なんとでもなります。また試験で味わう緊張感を、教室では味わうことができます。是非、勢いをつけて味わいに来て欲しいなあと思います。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

東京都 2009年夏受験 合格 HN ジャマイカさん(男性)
 世界一嫌いなことは、受験勉強。世界で二番目に嫌いなことはマラソン。それが私です。教員採用試験のチャレンジはついに7年目を迎え、講師生活は6年目に及んでいました。私の考えていたことは、「今は大量採用の時代。しかも講師経験は大いに考慮されるらしい。そのうち受かるだろう」…まったく受かりませんでした。様々な勉強会に行きましたが、どこもしっくりせず、受験生から金をむさぼる団体だとか、「受かれば○○に入れ」だとか、「これは試験に出るからおぼえろ」だとか、もううんざりでした。
 そんな時、奇跡的に浩の教室にめぐりあうことができました。
 世界一受験勉強が嫌いな私ががんばれたのは、「浩先生に一度でいいから誉められたい」、そんな子どもじみた感情が、恥ずかしながら31歳の私の勉強の原動力となりました。がんばれたのは、浩の教室には友情と愛があったからです。私は武道を習っているのですが、武道の考え方と浩の教室には、共通点が多々ありました。私にとっては、浩の道場でした。忙殺され、言葉で表現できていなかった私の経験を、この勉強会のおかげで口下手な私も少しは表現できるようになりました。
 学校関係の人たちと大喧嘩した次の日が東京都の発表日でした。目覚める前にみた夢は、カンニングして採用試験に落ちるという不吉な朝でした。ネットの掲示板で合格を確認した時、自分の結婚式でも泣いたことのない私が、泣きました。
 ありがとうございます。浩先生。家族三人、路頭に迷うことなく生きていけます。講師がゆえに流した悔し涙や煮え湯をのまされたこと。すべて、明日へつなげていくことができます。
 これから出会うかもしれない道を見失った子どもに、「人生あきらめるな。七転び八起きだ」と、心の底から伝えていくことができます。浩先生と教室に集ったみなさん、本当にありがとうございました。絶対に、辞めません。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市 2009年夏受験 合格 HN 前世スペイン人さん(女性)
 合格を知った時、一番に「浩先生にお礼を言いたい」と思いました。
 2008年度、同じく大阪市で合格された先生に「浩の教室」を紹介してもらいました。初めて勉強会に参加した時に、「この人に着いて行こう」と決めました。勉強会の申し込みに出遅れ、毎週参加することはできませんでしたが、名前を覚えて下さっていて、本当に凄い方です。
 先生の手作りの問題集・過去問解答解説集など、とても分かりやすく心のこもったものでした。面接対策として、「良く出るかもしれない教採面接質問集」をコピーして全て解答しました。これが、自分を見つめる作業となり、面接対策だけでなく、集団討論・論作文対策にもなりました。
 受験生のみなさん、私は運が良く3回目の受験で栄光をつかみましたが、教員採用試験は水ものだと思います。努力なしで合格はあり得ませんが、それだけではないような気がします。万が一、上手くいかなくても、あきらめないで下さい。
 最後に、浩先生をはじめ、先輩の先生方、勉強会を通じて出会った仲間のみなさん、本当にありがとうございました。応援して下さる方々、一緒に励まし合える仲間がいたからこそ今の私があります。この感謝の気持ちを忘れることなく教員としてこれから成長していきたいです。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府 2009年夏受験 合格 HN コーヒーフロートさん(男性)
 私は浩の教室に3年通い、3度目にしてやっと合格できた。
 しかし、2年目と3年目は月に1度、通うか通わないかのペースだった。にもかかわらず、合格できたのが浩の教室の凄さを物語っている。
 浩の教室では、少人数だからこそできる実践による学習ができる。だからこそ成長するし、同様に周りの皆も成長するからハイレベルな切磋琢磨となる。
 私は2年目以降、間隔を空けて参加したことで参加者の伸びを実感した。それが刺激となり、学習の意欲ともなった。
 浩の教室で培った力は身体にのこる。自転車に久しぶりに乗っても乗れるそれと同じだ。そして、この力は現場でも役立つ。単なる試験対策とは違い、本質を考える会だからだと思う。それが、時に脱線ともなるが教育を考える上でとても参考になった。力がついたと身体でわかるから、試験にも自信をもって望めた。
 浩先生ありがとうございました!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

愛知県 2009年夏受験 合格 HN サッカーコゾーさん(男性)
 「浩の教室の浩先生は本当に凄い人」私の親友が言っていて、参加を決めました。私も同感しています。
 私が主にした対策を書きます。人物対策では、浩の教室のホームページに載っている『よく出るかもしれない教採面接質問集』の答え方を全て作りました。浩の教室に参加し、面接の答え方を改善していきまた。また、集団討論や模擬授業を学んだり行ったりもしました。
 筆記対策は、まず過去問を見ました。自分自身が、どの分野に対してどのくらい出来るのかを知った後、勉強していきました。教職教養は『教職教養スコープ』、一般教養は『一般教養の過去問』を主に勉強しました。『教員養成セミナー』も勉強しました。
 辛い時期に、仲間の支えがあり、乗り越えられました。浩の教室へ参加以前の過去2年間は、不合格を経験していました。その後、浩の教室で約2年間もお世話になり、合格することができました。面接練習等でコメントをいただいた浩先生や浩の教室へ参加されてた方々に、お礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府・横浜市 2009年夏受験 合格 HN スモーカー大佐さん(男性)
 眼鏡の奥の強い眼光。そこはかとなく存在感のあるアゴヒゲ。真ん丸ニットキャップを被り、骨董のキセルをふかす。2009年3月1日、私はこの人に出会えた。
 私が来春から教壇に立てるのはこの人のおかげだ。
 この人は「語るべきことば」を持っていた。彼のことばは私を刺激し、そして導いた。この導きで、私は試験に臨む姿勢だけでなく、自分のなんたるかを知り、教職に対する思いを整理し、それを表現する力を得た。
 浩先生。この春と夏、私の意志はうしろから先生にぐいぐい押されました。そして道が開けました。「意志あるところに道は開ける」とは本当でした。ありがとうございました。 
 でも、私の本番はこれからです。全国に散らばる浩の教室の仲間と一緒に、子どもたちのためにがんばります。そして、今後も教室の仲間が増え続けることを願っております。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

札幌市 2008年夏受験 合格 HN サンダーバニーさん(女性)
 私は、大学4回生の時から教員採用試験を受験して、5年目で合格通知を手にすることができました。1、2年目は大阪府と北海道を受験し、2次試験で不合格。大学の友人たちは皆合格し、教壇に立っていきました。しかし、この頃の私は、「いまは採用数も多いし、そのうち合格できる」と軽く考えていました。
 3年目は大阪府は1次試験で敗退、札幌市は2次試験で不合格でした。常勤講師を始めて現場経験が話せるようになってきた4年目、「今年こそは!」と気合いを入れて大阪市(講師枠)と札幌市を受験しましたが、どちらも2次試験で不合格でした。1次試験は合格できるのに、2次試験は突破できない状況が4年も続き、「自分は教員不適格者だ」と真剣に考えるようになり、教職を諦めて転職しようと考えました。しかし、大学が教員養成系出身であり、教員以上にやりたいことが見つからなかったので、「あと1年だけ頑張ってみよう!」と決意しました。
 4月から6月までは、札幌市の1次試験に向けて毎日少しずつ勉強を進めました。1次試験終了後からは、札幌市、大阪市の実技対策とともに、面接ノート作りや論作文の勉強をしました。今までで一番2次対策を進めましたが、頭の中は、2次試験で一番重要な個人面接や集団討論の練習をどうにかしなければという不安でいっぱいでした。
 「2次試験の個人面接や集団討論でよい評価を得るために、今までの自分を変えなければ、また不合格になる・・・。」そう思って何か得られればと思い、浩の教室の勉強会に参加したのは、札幌市の2次試験の1週間前でした。私は浩先生に個人面接の練習をしていただきましたが、「答えに迷って沈黙したときに部屋の空気が凍りつく」、「答え方が具体的でなく伝わらない」、「話し方に抑揚がない」など、1週間後に2次試験を受ける者にするとは思えないコメントばかりもらいました。他の参加者は1年間勉強会に通っており、面接の受け答えや集団討論が完璧でした。今までまともに面接や討論の練習をしたことのなかった私にとって、とても刺激になりました。
 それからは、自分を変えるため、アドバイスされたことをもとに、1週間でできること(面接ノートをできる限り完成させる、自己アピールの練習、討論に出そうなテーマについての考えをまとめるなど)を行い2次試験に向かいました。2次試験では、勉強会の他の参加者の討論を思い出しながら集団討論に臨み、グループの話し合いが盛り上がるように意識して発言することができました。また、個人面接でも、勉強会で指摘された「具体的に短く話す」ことを意識しながら、教職への熱い思いをアピールすることができたと思います。
 10月に入ってからも、来年のことを考え勉強会に参加していましたが、結果発表の日が近づくにつれて、また不合格通知が来るのではと不安な気持ちになりました。そんな時に、珈琲会で私と同じく2次試験の結果待ちをしていた参加者の方が、「落ちていたとしてもショックを受けている暇はない。僕はまた来年に向けて頑張るために、勉強会に休まず参加し続けます」とおっしゃっていました。今までの私は、2次試験の不合格通知が来てから、春頃まで不合格のショックから抜け出せずに何もしていませんでしたが、この言葉で前向きに頑張る決心がつき、2次試験の結果が出る前に11月、12月の勉強会の申し込みをしました。
 そして、運命の10月末・・・初めて私のもとに2次試験の合格通知が届きました。この5年で10回(大阪府3回、大阪市2回、北海道2回、札幌市3回)採用試験を受験し、2次試験を受けること9回。何度も「しんどい」、「逃げ出したい」、「もうやめたい」と思いました。同回生や後輩がどんどん合格していく中で、「なぜ自分は合格できないのか」という気持ちが膨らみ、自信を失っていました。だから合格したことがすぐに信じられず、合格通知やホームページの発表を何回も確認しました。今は、「合格できた!」という実感と喜びでいっぱいです。
 今なら言えます。「夢を諦めないで頑張ってよかった」と。私が挫折しそうな時、いつも周りの誰かが、「諦めたらあかん」と励ましてくれました。いよいよ来年の春、小学校4年生のときに抱いた、「地元の北海道で小学校の教師になる」夢が実現します。遠回りもしたけれど、その分目標に向かって努力することの素晴らしさや粘り強く取り組むことの大切さを学びました。今まで私の夢を応援してくださったすべての人たちへ感謝の気持ちでいっぱいです。
 私のようになかなか2次試験に合格できない方、合格できない自分を変えるきっかけやヒントが浩の教室にはたくさんあります。同じ目標をもち切磋琢磨できる仲間もいます。
 最後に、毎年2次試験で不合格だった私が変わるきっかけを下さった浩先生、勉強会の参加者の皆さん、ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府2008年合格 HN プリンさん(女性)
 おかげさまで先日合格通知をいただき、やっと合格を実感しました。
 私は10回目の試験で、初めて1次を突破し、勢いで合格することができました。
  「講師枠で受けることができる」知ったのは4月。小論文など縁遠かった私は、どこかで小論文の添削をしていただけないかとネットで検索していました。・・・そこで出会ったのが浩の教室でした。まず、論作文道場で書き方や物事の捉え方を学び、添削していただく前に何度も練習しました。そこから10回ほど添削をお願いしました。教採模試とは違い、早い時は2日ほど、遅くても6日ほどで添削してくださいます。
 模試も何度か受けたのですが、1回2500円ほどしますし、返却は1カ月ほどかかります。模試のほうは添削されたものを読み直すと、添削されるべき言い回しが添削されていなかったことあり、不安の残る添削でした。その点浩の教室では、「ここの言い回しはわかりづらい」「ここはこのように明記するとわかりやすい」・・・などかなり具体的に添削していただけました。私の小論文を最大限に有効活用し、手直ししていただくのは「そういう見方があるのか〜」と視野が広がりましたし、ボキャブラリーも増えました。
 添削していただいてから、質問にも答えてくださいますし、1000円はかなりお買い得だと思います。小論文の私の考えを引き出してくださるのは、自分の味方が増えた気がして心強かったです。小論文苦手な私は、自信がつき、小論文を克服することができました。
 ぎりぎりのエントリーシートもすぐに添削してくださり、合格は先生とこのサイトのおかげです。面接質問集や毎回アップされる討論内容をチェックして学習していました。いろんな方の意見が聞けて、自分の幅が広がった気がします。面接がネックだったのですが、小論文を書くことで自分を見つめなおすことができました。面接ノートは宝物です。
 本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府/愛知県2008年合格 HN おちょさん(男性)
 今回、「浩の教室」の勉強会に参加させていただき、大阪府と愛知県(両方とも高校)に合格することができました。初めての受験で私が合格できたのはこの勉強会でしっかり面接対策できたおかげです。
 面接や討論練習の後には、先生や他の参加者の方々から率直なコメントをいただけます。そこで、自分では気付けない面接中の姿勢や話し方の癖を指摘してもらえました。初めのうちは緊張から、つい癖が出てしまいましたが、繰り返し練習する中で改善していくことができました。本番の面接ではやはり緊張するものですが、これだけやったという思いを胸に落ち着いて話すことができました。
 さらに、他の参加者の方々からは良い刺激を受けられます。面接練習を見ながら良い点を参考にさせていただき、自分ならどう発言するかを考えることで、自らの教育観を深めることができました。また珈琲会で話し、希望や不安を共有できる仲間ができたことは大きな支えになりました。
 私は4月頃、教員採用試験の情報を求めてこのホームページに辿り着きました。自分なりに対策はしていましたが、自分一人の努力では面接対策に限界があることを不安に感じていた所でした。私はこのような集まりに参加したことはありませんでした。しかし、参加の一歩を踏み出したことは、今回の合格には欠かせなかったと考えています。面接対策を助けていただいたのはもちろんですが、自分が試験に向けて頑張れることに関して妥協しなかったと自信を持てたからです。「やれるだけのことはやった」と。
 このホームページをご覧になっていて、勉強会参加への一歩が踏み出せない方には是非一度参加されることをおすすめします。
 勉強会での経験と出会いを大切にしていきます。先生をはじめ参加者のみなさんに感謝しています、ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

兵庫県2008年合格 HN ハッチさん(女性)
 大学を卒業して早15年。平成19年4月、通信教育で小学校免許取得の勉強中だった私は、教育用語も、教員採用試験の情報も友だちも何もなく、ただ闇雲に有益な情報を求めてネット検索をし、孤独な受験生活を過ごしていました。その時ヒットしたのが「浩の教室」のホームページでした。
 ホームページ最初にある「苦しみの後にここにたどり着いた君へ」という言葉(なると 同じ星)に、乾いた心が満たされる思いでした。ネットでの犯罪が増えてきている中、飛び込みで勉強会に参加するのは勇気がいりましたが、浩先生ご自身のプロフィールも、教室の開催目的もきちんと書かれていましたし、「学生から子持ちのママさんまで幅広い参加者」とあったので、思い切って勉強会に申し込みました。それに、参加費用は1000円です。そんな大げさな思い切りはいりませんでした。場所も市内、中ノ島ほかの公共施設です。怪しげな団体だったら走って逃げようと思っていました。
 そんな不信は、部屋に入ったものの1分で吹き飛びました。教員採用試験初受験の私は皆さんの熱意に圧倒され、また、飛び交う教育用語が分からず、ただ座っているだけでした。(「キャリア教育って何だよ?」「コミュニケーション能力?初耳〜・・・」と言ったかんじで)
 しかし、聞いているだけでも、本当に勉強になりました。珈琲会も含め、雑談の中からもタイムリーな教育ネタが・・・。そのときはちんぷんかんぷんでしたが、何度か参加させてい頂くうちに、話題についていけるようになりました。
 浩先生の指導はもちろんためになるのですが、自分自身が勉強会の構成者であるという自覚が芽生えてからは、少しでも同志の力になるコメントができるように心がけました。そこでまた意見がぶつかったり、考えが共有できたりすることで、教育観が深まり、一石二鳥どころか、自分の心がけ次第で、三鳥、四鳥です。
○ 初受験のあなた!・・・学校では教えてもらえない何かが教室にはあります。
○ 再挑戦のあなた!・・・今年こそG判定勝ち取るために、何が足りなかったのかが、きっと見つかるはず。
○ 再々・・・挑戦で行き詰まりを感じているあなた!・・・自分を信じて、今日から、今から、教室から!
 本気で児童生徒のため、身を粉にして生涯を教育に注ぐ決意の人間が集っています。それは、浩の教室のホームページを見られたら分かることです。ボランティアでここまでできるのかと、浩先生のお宅の方角には足を向けて寝られません。
 1年と半年間ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

神奈川県2008年合格 HN 青空さん(女性)
 一昨年、去年と連続で一次敗退。
 2年とも大学で面接講座も受け、周りはどんどん合格していくなかなぜ私だけ…。そんな苦しみの中、偶然知ったのが浩の教室でした。昨年の9月のことです。「ここなら私に足りないものを見つけられるかもしれない」、直感的にそう思いました。
 それからは、無我夢中でした。集団討論には「恥をかきにいく」つもりで毎回立候補。浩先生が毎回HPで再現してくださる討論の流れを全てプリントアウトし、A4ノートにはりつけて、自分の発言にマーカーをひく。「話の流れを乱してしまっていましたね」などの認めたくない事実も全てマーカー。同じ失敗は二度と繰り返すまいと思いました。
 そして、反省点をもとに、集団討論のテーマを、500字の小論文として自分なりにまとめ、浩先生の有料論作文で添削していただきました。その繰り返しで、テーマが私のモノになっていくのがわかりました。
 同時に、当時講師をしていた学校で、小さなメモ帳を持ち歩き、学んだことは何でもメモ。そのメモ帳をもとに作った「自己売り込みのツボ」は言葉にすると3分間。この文章を、自分の発表日までの1週間、鏡を見ながら声に出し続け、暗記して話せるまでになりました。
 スピーチ発表日は、自分の想いをアピールするのがとにかく楽しくて、感情を込めて話すうちに「ああ、先生になりたいなあ・・・」という気持ちがこみ上げてきました。このときに作った自己売り込みのツボは、のちのち1次、2次試験のエントリーシートや自己PR書を書くときにほとんどそのまま使いました。
 4月からの集団面接や個人面接練習では、浩先生はもちろん、周りからのコメントもいただけるので、客観的な見方ができるようになりました。コメント用紙も毎回ノートに貼り付けて、何度も何度も読み返しました。みなさんのあたたかいメッセージ一つ一つが私の原動力になりました。
 このような生活を夏まで続け、A4ノートは全部で6冊。それをお守り代わりにして本番は、びっくりするくらいリラックスして自分を表現できました。
 そして生まれてはじめて「合格」を手にすることができました。3年分の想いがつまった合格通知を手にしたときは、涙があふれました。同時に、ここまで支えてくださった浩先生と、仲間のみなさんに感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 型にはまるのが苦手な、ちょっぴり変わり種の自分。去年までは、いつもどこかで、自分を飾って、面接官に気に入られることばかり考えていました。しかし今年は、堂々と自分らしさで勝負しました。自分らしさを出せるようになったのは「自分を自分らしく表現できる場所」である浩の教室のおかげです。今回の自分の体験を生かして、これから「自分らしく生きたらいいんやで!」ということを身をもって子どもたちに伝えていける教員になりたいと思います。
 浩先生、仲間の皆さん、今まで本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

兵庫県/愛知県/神奈川県2008年合格 HN ジャックロンドンさん(男性)
  昨年はじめて受けた教員採用試験では、自分ひとりだけで勉強していて、試験についての情報を何も持たず、不合格でした。周りに採用試験を受ける人もおらず、さびしさを感じることが多かったです。今年は兵庫県、神奈川県、愛知県の全ての採用試験に合格できましたが、それは「浩の教室」に支えてもらったからです。
  昨年の試験後から「浩の教室」に参加させてもらい、そこで、浩先生や、同じ目的を持った仲間と出会いました。浩先生は楽しく優しい方ですが、その一方で、面接の練習の時では、参加者の出来が良くないところをはっきりと言ってくださりました。私も弱点を何度も指摘してもらって、自分の弱点がよく分かりました。もし、その指摘がなければ、今年も不合格だったのではないかと思います。また、授業後の珈琲会やメールでのやりとりで、試験前後によく相談にのってくださって、とても面倒を見てもらいました。
  その浩先生を慕ってたくさんの人が教室に来ていますが、そこで出会えた人達とも良い思い出がつくれました。採用試験についての不安な気持ちを共有しながら、授業の日以外にも集まったり、電話をしたりして、面接の練習をしました。その人達と冗談を言いながら楽しく練習ができたので、試験勉強もしんどいものだけではなくなりました。
  浩先生や教室の仲間とがんばれたことは自分にとってかけがえのない経験になりました。本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

兵庫県2008年合格 HN rabbitさん(女性)
 このたび、3度目の受験で合格することができました。
 私が浩の教室に初めて参加したのは大学2回生の秋でした。最初は他の参加者に圧倒されるばかりで、討論に参加しても、ほとんど何も話すことができませんでした。参加するたびに勉強をしなければと感じていました。
 浩の教室での先生の講義や先生と参加者の方々に教えてもらった勉強法で勉強し、参加者の現場での話を聞き、討論に参加する機会が増えると、だんだん自分の意見が言えるようになりました。最初は参加しているだけだった私、面接練習を恐れていた私が、少しずつ成長していっていると感じることができるようになりました。
 勉強会に参加する中で、ライバルであり、励ましあえる仲間にも出会いました。私が試験に不合格になると、自分のことのように悔しがってくれる友人もいました。みんなが頑張っている話を聞くと、もっと頑張らなければと思う自分がいました。先生は、不安を感じているときや落ち込んでいる時に精一杯私を励まし、熱心な指導を続けてくださいました。次々と合格していくメンバーに対し、自分は不合格で、苦しい思いをした時期もありましたが、このようなあたたかい仲間や先生がいたからこそ、合格するまで頑張ることができたのだと思います。
 このように振り返ってみると、浩の教室に出会ったからこそ、教員採用試験に合格することができたのだと、改めて感じます。
 教員採用試験は、教職教養、一般教養、専門教養は範囲が広く、どのように勉強すればよいのだろうと思っている方がいらっしゃると思います。私も最初はそうでした。また、採用試験が人物重視と言われる中で、集団討論や集団面接、個人面接の練習をする場がなく、不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。一人で勉強する中で孤独を感じ、苦しい状況にある方もいらっしゃると思います。浩の教室では、勉強の仕方、教職教養の問題演習、答申の輪読、集団討論や面接練習、自己売り込み、エントリーシートや面接個票の添削、支えあえる仲間を得ることができます。最初は知らない人ばかりだし、面接もみんなに見られて遠慮ない意見を言われるため、参加するのに勇気がいるかも知れません。でも、一歩踏み出せば、たくさんのものが得られます。参加を迷っている方は是非、一度参加してみてください。一緒に合格を目指しましょう。
 最後になりましたが、今まで支えてくださった先生、参加者のみなさんに感謝の言葉を言わせてください。本当にありがとうございました!!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

京都府2008年合格 HN マダムさん(女性)
 私は大学2年生の秋から浩の教室に参加させてもらいました。
 最初は先輩方の討論や面接を見て、自分の意見をしっかりまとめ、様々な視点から発言されているのを聞いてとても圧倒されました。私も先輩方のようになれるようにそれからほぼ毎週参加し、みなさんの発言内容をノートにまとめ、それに対しての自分の意見を書いていくようにしました。そうすることで段々自分の考えがまとまり、少しずつ発言できるようになっていきました。
 浩の教室ではいろんな方の意見を聞くことができるので刺激されますし、自分の考えや発言に対しても皆さんから意見をもらうことができるので、毎回勉強会がおわるごとに必ず何かを得て帰ることができました。少人数なので、先生も一人一人をしっかりサポートしてくださいます。そして何よりみんなで合格に向けて共に成長していこうという姿勢が、やる気の源となりました。
 もし、ひとりでどう面接の対策をしていいか迷っている方は、是非参加してみてください。面接はいくら頭で考えていても、実際に誰かに見てもらい練習をしないと上達はしないと思います。
 最後に浩の教室に参加し、たくさんのことを学ばせてもらったことをとても感謝しています。勉強会での経験は今後も私の財産になっていくと思います。ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

奈良県/大阪府2008年合格 HN さいらんさん(男性)
 幸い、最初の受験で地元奈良県に合格できました。そして、今回の合格は、「浩の教室」を抜きに語ることはできません。私は、4月からの水曜会に、ほぼ毎週参加させていただきました。
 「浩の教室」のよいところは、まず「予備校より経済的で効果的」に面接や討論練習ができるところです。
 毎回、面接や討論の実践練習後に、先生からコメントを個々にいただけます。さらに参加を重ねると、個人的な部分を先生に理解いただけるようになり、コメントがより個人的なものになります。数百人もの合格者を輩出してきた先生に専属で見てもらえるような感じです。同時に、参加している仲間からもコメントをもらえます。声の大きさ、言葉遣いや姿勢などの細かい癖までチェックしてもらい、修正を繰り返しました。おかげさまで、面接当日は細かいところに気を遣わず「いつもどおりにやる」ことだけを考えて受験できました。
 また、論作文やエントリーシートも添削いただきました。これも、どの通信添削よりも経済的で効果的でした。何より、返信が1週間程度で頂けたのが嬉しかったです。同じ論題で何度も執筆して添削いただき、精度を上げました。結果として、自信を持って書けるネタがいくつもある状態で試験当日を迎えられました。
 そして、もうひとつよいところは「同じ志を持つ仲間がいる」ことです。
 勉強会後の珈琲会で親睦を深めるだけでなく、仲間と居残り勉強をしたこともありました。皆で協力して前に進もうとする温かい雰囲気には何度も助けられました。「できる人」の面接や討論を沢山見たり勉強方法を聞いたりして、自分に足りない部分を知ることもできました。
 もし、このホームページを見られて参加を迷われている方がいたら、ぜひ参加されることをおすすめします。
 集団討論や面接等の「人物試験」は年々配点が比率が高まっているといわれています。私の受験した奈良県も約半分が人物試験の配点でした。教養や専門と違って、人物試験対策を独学で行なうのは難しいです。独りでは客観的に判断できないからです。私が受験対策を進める中で抱えていたそのような不安を「浩の教室」は全て吹き飛ばしてくれました。
 堅くて一度入ったら抜けられない雰囲気は全くありません。冗談好きで博学な浩先生や同じ志を持った仲間との時間の共有は、みなさんに合格力ををもらたしてくれること間違いなしです。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

愛知県2007年合格 HN 龍舟さん(男性)
 私は『浩の教室』にお世話になって、二度目の挑戦で合格を勝ち取ることができました。
 『浩の教室』には自分の長所や欠点をしっかりと指摘してくれる先生や仲間がいます。
 先生や他の仲間と教育に関する話を交わしているうちに、自分自身の教職観、教育観が少しずつしっかりとしたものになります。
 少数精鋭ですので、優秀な仲間に刺激されて成長すること間違いありません。
 安い費用で最高の成果を得られるのが『浩の教室』です。
 どうぞ皆さん、騙されたと思って一度参加してみてください。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

和歌山県高校2007年合格 HN さくらんぼさん(女性)
〜浩の教室に参加して〜
 一昨年の夏、大阪府の採用試験を受験した際に集団討論で全く発言ができなかったのをきっかけに、前々からHPを見てるだけやった『浩の教室』に参加さしてもらうことにしました。
 色々と力を付けて頂いたにもかかわらず、去年も合格には手が届かず・・・。
 それでも諦めずに通い続けられたのは、同じ夢を持った仲間がいることと、本気で応援してくださった浩先生がいたからです。
 今年、地元であり、数年ぶりに募集のあった和歌山県で合格通知を受け取ることができました。後日、面接担当の方が、「面接が上手に受け答えできていた。」と言ってくださっていたと聞き、『浩の教室』で参加しているみなさんに見てもらいながら面接の練習をしていただいたおかげだと実感しました。
 採用試験の勉強だけでなく、教員として生徒と過ごすために大切なことを学べる教室であると思います。本当に参加して良かったです!!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市中学校2007年合格 HN 子持ちししゃもさん(女性)
 私は、「3年連続2次落ち」をしました。
 3回目の2次不合格が分かった時、「自分ひとりの力では補えない何か」があるのだと強く感じ、「浩の教室」に参加することを決意しました。
 数年前から勉強会の存在は知っていましたが、ずっと参加する勇気がありましせんでした。でも、藁をもすがる気持ちで参加し、その結果、教員採用試験を目指すにあたっての最高の師、最高の仲間、最高の時間を得ることができました。
 専業主婦で4年間子育て中心に生活し、同じ志を持つ仲間もいなくて孤独感を感じていた私にとって、この勉強会の存在は本当にかけがえの無いものでした。
 合格通知を受け取った今、私に足りなかったものは、「思いを形にすること」だったと思っています。
 志望動機、教育に対する思い、どんな授業をしたいかなど、自分の持っている思いを人に伝えていくことで、思いが形となり、自分の核となっていくのを感じました。たくさんのアドバイスをもらい、その全てが自分の糧となりました。
 私に足りなかったものを埋めてくれた先生と仲間たちに、本当に感謝しています。
 ありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府小学校2007年合格 HN トミーさん(女性)
 私が「浩の教室」に通いだしたのは、去年の11月頃からでした。とにかく教員採用試験に合格したくて、すがる思いで門をたたきました。この勉強会では様々なことを学びました。
 重要な答申などを説明してくださることによって、教育の背景や動きなどを知ることができました。教職教養の1問1答は、回を重ねるごとに答えられる数が増え、自信につながりました。
 また、本番さながらの集団討論や集団面接、個人面接は凄く勉強になりました。参加者の方や浩先生から毎回コメントをいただき、良かった点や反省点を知ることができるので、次に生かすことができました。また面接ノートを作ることで、「自分はどんな教師になりたいか?」など自分の教師像について考えるようになりました。
 最初は凄く反省点が多かったものの、回を重ねるごとにそれはなくなり、自分でもどんどん発言レベルが上がっていくのがわかりました。
 勉強会の後のコーヒー会では、参加者の方々とコミュニケーションを取ることができ、とても楽しかったのを覚えています。たくさんの人と仲良くなり、お互い励ましあい、情報交換をしました。
 今の私があるのは、間違いなく「浩の教室」があったからだと感じています。浩先生や、世代や住んでいる場所こそ違うものの同じ夢を持つたくさんの仲間と出会ったことで、私は最後まで頑張ることができたんだと感じています。この教室との出会いは私にとってかけがえのないものです。
本当にありがとうございました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府小学校2007年合格 HN 40代の星?さん(女性)
 この勉強会に参加していなかったら、教採合格はなかった、そう断言できる。
 「浩の教室」は大きく分けて二つの点で非常に勉強になった。
 まず、一点目。教職教養が生きた学問になった。去年一人で受験勉強をしていた時は教職教養は、ただ、本の中にある難しい学問としか思えなかった。テストに出るなら何とか頭に入れなければ、と思うが、そう簡単に入るものではなかった。
 今年の2月に「浩の教室」の門をたたいた。参加回数を重ねるごとに、教職教養が社会の動きと結びつき、学校現場と切っても切れない大切なものであるということが理解できるようになった。まさに、本の中から立ち上がり、生きた学問となった。
 答申などの説明があったあと、浩先生からのコメントや皆への問いかけがあり、意見交換の場を持った。この繰り返しで新聞記事やニュースを、問題意識をもってみることができるようになった。
 二点目。教師としての心構えを磨き上げることができた。教師を志す者は皆「ダイヤモンドの原石」であると思う。問題はこれをどう輝かせるか、である。教師として、また、憧れの大人として、子どもたちの前に立つために。
 面接のマニュアル本を覚えたところでそれはただのメッキでしかない。ベテラン教師である面接官の前では、いとも簡単にはがれてしまう。
 自分の心に問いかける。なぜ教師になりたい?どんな教師になりたい?自分の経験は教職にどう活かせる?自分がこれまで生きていた道を振り返る。手当たり次第に本を読む。そして、掘り下げて、探し回って「自分だけのキーワード」を見つける。そのキーワードの一つひとつがダイヤモンドのカットのように、自らを輝かせる。
 見つけたキーワードはただ単に面接をくぐり抜けるための一時的な手段ではない。自分をとことん見つめて探し出した言葉は教師として生きていくに当たって、心の中のいくつかの柱となって自分を支えていってくれるはずだ。
 他人は自分を映し出す鏡だ。「浩の教室」には男も女も、学生も講師も、社会人からの転職組もいて、人材のバリエーションが豊富だ。その一人ひとりが、それぞれの立場からの見方で、模擬面接に対するコメントを書いてくれる。これは本当にありがたかった。自分の気づかないことをこんなにはっきりと指摘してくれる場は他では考えられない。
 私は一時、勉強会の場において、個人面接を受け続けた時期があった。人前でしゃべることには慣れていたはずの自分が、まったくしゃべれない。質問に対して、太刀打ちできないのだ。教師としての自分の意識が整理できていない。現場に必要な教職教養の知識が全然十分ではない。丸一週間かけて面接ノートの土台を作った。4月初めに仕事をやめ、無職となっていたので、毎日毎日、一日中書き続けた。
 A4版の大学ノート、左のページには「浩の教室」の『出るかもしれない面接質問集』の発問を5〜6個ずつ。ページ毎に内容を分類して書き出した。同じ種類のページがあとにも出てくることになるので、リンク先のページも欄外に書いた。右ページにはそれぞれの発問に対する自分の意見を書いた。5〜6人グループでの面接になるので、誰かに先に言われても困らないように、複数の回答を用意した。また、ノートをざっと斜め読みした時にポイントがわかるように、右ページの右側4分の1くらいを仕切っておいて、そこにキーワードを抜き書きした。右ページの回答欄がいっぱいになったら、その上に同じサイズのレポート用紙を重ねてはり、左ページの発問に対する答えをどんどん増やしていった。
 左のページの発問は間隔を空けて書き、授業力を磨く方法を書いた本を読んだりして、模範的な対応方法を見つけた時にメモしておいた。詳しく見直したくなった時のために、出典とページも書いておいた。
 大阪の教育について調べたことも、別のノートではなく、面接のノートのテーマ毎に振り分けて、どんどん書き足していった。
 面接ノートの充実度が上がるにつれ、面接にも堂々とした態度で臨めるようになったことは言うまでもない。
 勉強会のあとの珈琲会も楽しかった。これがあったから、勉強会も和気藹々とした雰囲気で、お互いに言いたいことも言えて、おかげで切磋琢磨ができたのだと思う。
 教室の皆からすると、私はかなり年上なので取っ付きにくかったかもしれない。でもみんなが、私の「人生経験」の部分をうまく持ち上げてくれたので、私はとても楽しく参加させてもらうことができた。
 大学卒業のとき、大阪府で小学校の採用がなかったので、私は小2からの夢であった教師の道をあきらめた。それが、大阪府の年齢制限が上がり、講師の声がかかり、「浩の教室」に出会うという幸運が重なって、20余年の時を超えて今、教師になるという夢をかなえることができた。本当に嬉しい。
 心身の健康に十分気をつけて、定年の日を迎えるまで、元気で教師を続けたい。
 浩先生、本当にありがとうございました。
 教室のみんなもありがとう!!!
 来年度チャレンジされる方、心から合格をお祈りしています。

o勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

京都市小学校2007年合格 HN クローバーさん(女性)
 私が、この教室に参加しはじめたのは、採用試験まで3ヶ月となった4月からでした。
 まとまりのある話し方ができず、面接の決められた時間の中で自分の思いを伝えることの難しさを知り、焦りと不安を抱えていました。
 しかし、浩の教室で2次対策をしていくうちに、苦手だった面接や集団討論に自信を持つことができるようになりました。
 また、同じ教師を志す仲間とも出会え、モチベーションを高めていくことができました。
 先生、そして共に学びあった仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

トップページへ 浩の教室・トップページへ

奈良県小学校2007年合格 HN 金魚さん(女性)
 おとつい合格通知が届きました。講師で担任をもちながら、時間のない中で合格できたのは、浩の教室のおかげです。
 現役大学生のように、面接や討論の練習の場が全くなかった私にとって、浩の教室は本当に良い勉強会でした。年齢層も大学生から40代の方まで幅広く、「大学生ばかりで、私一人年上だったらどうしよう・・・」という心配は杞憂でした。
 大阪だけでなく、私のような他県の受験者にも、とても良い勉強会です。答申、集団討論、集団・個人面接の対策に加え、小論文も「ここまでしてくださるなんて」という程丁寧にみてもらえ、エントリーシートもじっくり添削していただけます。そして、志の高い仲間とともに目標に向かい、壁をも乗り越え進むことができます。なにより浩の教室で学んだという「自信」を得ることができ、本番では落ち着いて挑むことができました。
 浩の教室に出会えたことを、心より感謝します。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

名古屋市小学校2006年合格 HN  Sさん(男性)
 私が「浩の教室」を知ったのは知人の紹介でした。今までの私の試験対策というのは、筆記試験に重点を置いたものであり、一人で黙々とやっていました。集団面接や討論というのは、一人ではどうにもならないので、思い切って参加することにしました。
 討論や集団面接、個人面接対策など、本格的で、実際の採用試験の雰囲気や緊張感を味わうことができました。またそれぞれの対策後には、先生や参加者による、意見や質問等があり、客観的に自分を見つけることができます。発言内容はもちろんですが、その他、姿勢や態度、話し方など自分でもなかなか認識できない癖も指摘され、実際の採用試験では大変参考になったと感じています。
 はじめて参加する方は不安で「大丈夫かなぁ?」と感じていると思います。私もそうでした。でも採用試験対策というのは早くはじめて損をすることはないと思います。先生をはじめ、参加者の多くは暖かく受け入れてくれます。勉強会終了後には、「コーヒー会」があり、リラックスした気分で情報交換ができます。
 迷っているのであれば思い切って一度参加してみてください。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪市特別支援教諭2006年合格 HN 優さん(女性)
●浩の教室勉強会の感想
 はじめて参加した3月、とても衝撃的でした。参加されているみなさまのレベルの高いこと、それだけで刺激になりました。自分の生ぬるさを痛感させられたという感じです。
 そのとき合格者からのアドバイスのコーナーがあったのですが、その話が非常に有効でした。私の勉強を支えたといっても過言ではないほどです。勉強法などもとても参考になりました。その方の話されていたのを聞いて、勉強に火がついたというかんじでした。
 答申を読んで、議論をする時間はとてもよかったです。これは、採用試験に直接的に点数に結びつく、ということはあまり言えないかもしれませんが、質の高い議論が知的好奇心をそそりました。また、教育問題をはじめ、時事問題、社会問題に更なるアンテナを向ける契機となりました。
 そして何といっても、本番さながらの集団討論は、力をつけることができました。一人ひとりへのフィードバックもよいですし、参加者1人ひとりからコメント用紙を頂けるのも、励みになりました。自分が討論に参加していなくてもほかの人がされるのを見て、討論、面接等において自分のあるべき姿を考えることもできました。
 本番直前に参加したときは、模擬授業、模擬面接をやっていただき、こちらも本番さながらということで、とてもよかったです。一人ひとりの特性に合わせたフィードバックがとても丁寧だったと思います。
 勉強会には、遠方でもあったため、回数的にはあまり多く参加できませんでしたが、参加した際に答申を購入させて頂き、自宅に帰ってひたすら自習しました。この、質の高い資料を頂けるというのも、浩の教室の特徴だと思います。答申のまとめ方、付属問題なども、すばらしいです。作成されている浩先生に頭があがらない思いで勉強してました。

●参加してよかったと思うこと
・何より、「浩の教室で学んだ」という自信がついたというのが一番です。これは、採用試験当日も、自分を大きく支えました。
・本番さながらの集団討論、面接等のトレーニングができたこと。それらの中身を復習すること、またHP上にアップされている(自分が行けなかった回にみなさんが討論されたものなども、プリントアウトして勉強してました。)質の高い議論を勉強したこと。
・フィードバックやコメントは、「お世辞抜き」の本音が飛び交っていたこと。時に厳しいコメントもありますが、本音が飛び交うというのも浩の教室の特徴だと思います。
・答申等の資料をいただけたこと。
・同じ大阪市・府を受ける者同士が集まり、情報交換ができたこと。励ましあえたこと。

●今後こんなことをやって欲しい 等
・討論や面接等に参加した際に、1人ひとりへのコメントの時間をもう少しでいいから取っていただきたいと思いました。
・「答申を読む」のは、渡しておいて、ココまで読んできてそれにまつわる議論をする という形式にしてもいいかと思いました。字ずらを追っている部分は、少し時間的にもったいないかな、と感じることもありました。
・時事問題に関する議論の時間などがあればいいです。特に、最近のニュースなど、面接で聞かれるので、それに対してどう思ったか、などきちんと自分の意見を整理して言える力を付けるために。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府中学国語2006年合格 HN HMさん(女性)
 この勉強会の魅力は、面接や集団討論の練習ができることはもちろん、同じ志を持つ方々の多様な意見が聞けるところだと思います。
 私は、スクールなどに通わず、独学で試験勉強をしてきました。近くにも教員を目指す知人がいませんでした。だから、誰かと教採や教育の話をするといった機会もなく、情報不足なところもありましたし、考え方も自分中心に凝り固まっていたように思います。
 しかし、こちらの勉強会でお世話になってから、先生や他の参加者からも客観的な意見をいただき、自分にない視点に気づきました。他の方の意見を聞いて、刺激も受けました。自分がまだまだ勉強不足だということも痛感し、勉強へのモチベーションも良いように保てました。
 私がこのサイトにたどり着いたのは、教員採用試験の2ヶ月前でした。仕事もあり、毎回参加というわけにはいかなかったのですが、それでも集団討論に参加させていただいたり、他の方の模擬面接を見学させていただいたりしたおかげで、本番でも落ち着いて面接や討論を終えることができました。
 今は、この勉強会に感謝しています。「もっと早くこの勉強会と出会っていたかった」と思っています。先生をはじめ、参加者はみなさんとても熱心でまじめで、明るく良い雰囲気のなか勉強していらっしゃいます。私もはじめは一人で参加しましたが、周りの方がフォローしてくださいました。今、参加を迷っておられる方、ぜひ参加してみられたらと思います。一人ではできない学びが、ここではできると思います。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

富山県高校数学2006年合格 HN チョコレートさん(女性)
 私は「浩の教室」の勉強会については、サイトを見て初めて知りました。3回生の冬に思い切って参加して、約半年間お世話になりました。
 私の周りには、教員採用試験を受ける友人がおらず、集団討論を練習する機会がありませんでした。「集団討論ってどんなものなんだろう・・・」と不安を抱えたまま参加し、初日は見学をしていました。この勉強会の集団討論のレベルの高さに驚き、また焦り、「もっと早く知りたかった!!」と強く思いました。
 毎回20人程度の少人数で行われる勉強会ですので、みなさんで仲良く楽しく勉強することができます。私は、教員採用試験の勉強をしていると、つまずいたり、スランプに陥ることが多々ありました。その度に勉強会に参加することによって、やる気のある参加者のみなさんから、たくさんのパワーをもらっていました。
 私が受験する自治体は集団面接がなく、集団討論のみでした。そのため、私は毎回集団討論に参加させてもらいました。最初は周りの討論者の話をうなづいて聞くだけで、なかなか発言ができなかったのですが、少しずつ自信を持って、発言できるようになりました。浩先生がいつも言われていることですが、場数を踏むことはとても大切なことだと思います。試験本番は、全く緊張せずに集団討論をすることができました。
 教員採用試験のためだけではなく、「教師になりたい」という気持ちが一層高まる勉強会でした。本気で教員を目指す人には、オススメの勉強会です。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

トップページへ 浩の教室・トップページへ

三重県小学校2006年合格 HN REALさん(女性)
 私は、過去の受験経験から、採用試験では面接と討論が合否の鍵を握っていると感じていました。
 面接や討論で、しっかりとした意見を言えるようになるには、まず、教育時事を知り、理解し、自分なりの考えを持っていることが必要です。
 勉強会では、最新の答申等について、輪読し、各自で意見を発表しあうという形式を取り入れています。その資料は毎回、数十枚に及びます。それらはすべて、コピー代のみで配布されているものですが、答申についての解説もつけられていて、充実した内容のものでした。
 次に大切なのは、実際に面接や討論を経験してみることです。
 試験当日は、誰しも緊張して当たり前です。しかし、そんな緊張状態の中で、自分の意見を素早くまとめ、発言をしなくてはならないのです。私は、勉強会では討論を中心に練習を重ねました。討論の後で他のみなさんからもらう意見も参考にしながら、素早く意見をまとめ、タイミングよく発言することを意識していました。回数を重ねることで、だんだん、討論を楽しいと思う気持ちが生まれました。その結果、実際の採用試験では、落ち着いて討論に参加することができ、自分の意見を発言できました。
 勉強会の費用はわずか1000円です。
 インターネットという場ですし、私も最初は安すぎて不安に思う気持ちがありましたが、杞憂でした。これから、採用試験を受験される方に、自信を持ってお勧めしたいと思える勉強会です。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

滋賀県高校数学 HN れのんさん(男性)
 HP上で「閲覧のみ」という方も多くおられると思います。
 教員採用試験の対策は、情報と知識のインプットとアウトプットの量と質に依ります。現役の大学生の人は、採用試験の突破には、やる気と勉強時間があれば良いのですが、勉強初めには、学習方法への不安もあり、また教育現場を知らないために、無味乾燥に思えて、なかなか採用試験の友人に恵まれないと、やる気も持続しないし、効率よく試験勉強は進まないものです。
 また、講師を続けながら、採用試験の勉強をしている方も、教育現場で働いているからといって、その経験がそのまま採用試験の対策力になるかと言えば、そうではないと思います。勉強時間が不足しがちでありながらも、やはり机上の学習が必要不可欠です。集団討論でも踏んだ場数が必ずモノをいいます。
 最近の教員採用試験では、人物重視評価のために、試験方法の多様化が進められていると言っても良いと思います。それらを独学で勉強するのは実はかなり大変なことです。また集団討論や小論文、面接などの対策はかなり難しいモノであって、かつ自分一人の目では客観的に眺められないモノだったりします。小論文においても添削が入りながら、書き続けるのとそうでないのとは格段に成長が違います。集団討論は特に一人ではできないものですから、練習にはもってこいの雰囲気が勉強会にはあります。
 現役時代、あまり勉強できなくて、不合格。講師を続けながら、勉強時間を確保し、学習方法を模索するのに2,3年。このままではいけないと、時給仕事とわりきって一念発起して2、3年。という私のようなパターンが実は多くの人に当てはまってしまったりするのです。教員採用試験の勉強をはじめた初期が特に大切で、情報不足の中、勉強も進められずに時間だけが過ぎ去ってゆくことにもなりかねないのです。教育現場の雰囲気&机上の勉強でインプット、さらに集団討論の実践を通してアウトプットするという試験対策に直結した学習ができます。はじめて参加の場合、多少勇気が要ると思うのですが、是非一度勇気を持って参加してみてはいかがでしょうか。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府小学校2006年合格 HN 2児の母さん(女性)
■■■ 勉強会に参加してよかったこと ■■■
1.集団討論、面接の度胸がついた
2.かけがえのない仲間と出会えた(刺激されて、やる気UP)
3.自己PR、面接個票など準備万端で試験に臨めた
4.答申など教育時事についての免疫がついた
■■■ 参加したいけど迷っている方へ ■■■
 不安かもしれませんが、まずは思い切って参加してみてください。ダンディな浩先生と同じ目標をもつ仲間が、きっと笑顔で迎えてくれるでしょう。最初は周りの凄さに圧倒されると思います。それくらい、みんな真剣に取り組んでいます。でも負けずに毎週参加してみてください。継続して参加することが、合格の力になると思います。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府中学英語2005年合格 HN たぬりんさん(女性)
 2年前の1月に一念発起、その年の夏に中学校英語で合格することができました。たった半年間の準備期間であったにもかかわらず、合格することができたのは、この「浩の教室」に集まるみなさんから、いい刺激をたくさんいただいたおかげだと思っています。
 「絶対受かる!」というモチベーションを一人で持ち続けることは並大抵のことではありません。その点、勉強会に集まるみなさんはとても意識の高い人たちばかりです。教員となる人としての魅力あるオーラを持っている受験生の方々にも多く出会うことができました。「なるほど、こんな人たちが教員採用試験を受験し、合格しているのか」と思わせる場面も度々ありました。自分の可能性が分からず落ち込んでいたこともあります。
 けれども、自分の技量や経験を、人と比べて優劣で考えるのではなく、自分の教員としての個性として考えることができました。これも勉強会で発掘していただいたプラスの思考回路だと思っています。
 自分のことはなかなか自分だけでは分からないものです。勉強会参加は自分を発見できるいい機会になったと思っています。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

東京都小学校2006年合格 HN サッカー小僧さん(男性)
 私は浩の教室の勉強会に約3年参加しました。そして今年、何とか、東京都小学校で合格することができました。勉強会には、熱意のある、年齢層や経歴の様々な方が参加されています。私はこの勉強会に参加して、熱意のある方々と、集団討論や面接練習を一緒にさせてもらう中で、参加者同士が、良かった点やなおした方がよいところを指摘しあい、よい刺激になり、モチベーションを高く保つことができ、さらに、試験に向けて自分を高めていくことができました。
 また、筆記試験の教職教養対策として、答申や最近出た文部科学省の施策に関する文書を読むなど、筆記試験対策も行ってくれたのは良かったです。教師として、今後働いていく上でのかけがえのない仲間をいっぱい見つけることができましたし。
 そして、最後にこの勉強会に参加したことで、一番自分が成長した点は、試験の面接だけでなく、実際の働いている職場などでも、しっかりと自分の意見を話せるようになったことです。
 浩の教室の勉強会に参加したいけれど、迷っていみなさん、案ずるより生むが易しです。一度申し込んで参加してみて下さい。一度参加すればその良さが分かると思います。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

トップページへ 浩の教室・トップページへ

大阪府小学校2006年合格 HN きーさん(女性)
 今年、大阪府の小学校に合格しました。
 浩の教室にはじめて行ったのは大学2年の秋でした。
 初めて行った時はどんな場なのか、さぐりさぐりでしたが、「ここは自分が成長できる場所になりそう!!」と、その日に思いました。
 この勉強会は、「切磋琢磨」ということばがぴったりの教室です。
 浩先生は、厳しくも優しい人です。勉強会の参加者は、意識が高いと思います。(意識が自ずと高くなってくるのかもしれません。)私も、本当に、多くの方からたくさんの刺激をいただきました!!
 厳しい意見でも、何でも言える場です。だからこそ、自分の課題をしっかり見つけることもできました。
 また、一緒に頑張っていける仲間もたくさんできました。この仲間の存在はとても大きかったです。このつながりを教師になってからもずっと大切にしていきたいです。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

東京都高校英語2005年合格 HN しまじろうさん(男性)
 この勉強会は、おもに教員採用試験合格を目指すものです。人物試験に対応できるように討論や個人面接の練習をします。もちろん、ペーパーへの対応もしています。
 受験勉強と思いきや、教育を広く深く見つめ、教員になってからもここで勉強したことは役に立ちます。
 ネットで参加登録をすることから、不安な面もあるでしょう。でも、参加者の半分以上は女性です。これは、ネットを通して参加するという不安な面もありながら、この勉強会が、このサイトが信頼されている証拠といえるでしょう。
 自分が大学時代のころのゼミでも、こんなに広く深く色んなことについて議論したことはありません。教員を目指す人、現場の先生、教員試験にすでに受かった人、ぜひこの勉強会の門を叩いてください。
 終わったら、近くの喫茶店でコーヒー会をしています。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府中学理科2006年合格 HN ほどほどさん(男性)
  教員に絶対になりたいと思っている方々へのメッセージ
 教員に必要な資質ってなんですか?答申にのっていることなんて最初は無視してください。大切なのは「あなたの人間性」なんです。生徒はあなたを見ます。「私なんかに生徒の心を動かすことなんでできるのかなぁ」なんて思っている方へ言いたい。生徒は人間的に魅力のある人を求めています。丁寧に向き合ってくれる人を求めています。話ができる人を求めています。よく考えると、生徒が求めている人間って、私たち大人が日常、求めている人間と似ているのです。
 私の思っている教員の資質を一言で表すと、「人と仲良くなれる心と技術を持っていること」なんです。学校で過ごしていると、教員でも、とてつもなく悲しくなったり、落ち込んだりすることがあります。明日休みたいなぁ〜なんてこともあります。でも、そんなとき、心ある尊敬できる人たちと出会った経験が明日への活力になるんです。どんなときでも生徒や保護者と「心を笑顔」にして向き合うことができるようになるためには、たくさんの人から学んだ「人が喜ぶような人間でいよう」という気持ちになることが大切なんです。そういった基盤がないと、プロとして生徒と向き合えません。人生に丁寧で熱い人間を人は求めているんです。
 なんでも1人で仕事はできる人がいるとします。その人は、不器用な人を見ると「なんやあいつ。アカンなぁ〜」と眉間にしわをよせます。学校は、いろんな人たちの力をかりないと動かないのです。一人ひとりにスポットライトがあたるような環境でないとだめなんです。「あの先生しんどそうだなぁ」と感じ、一緒に頑張ろうと自然に手を差し伸べることができる人、人の気持ちに敏感な教員が必要なんです。生徒も教員間の雰囲気に敏感です。教員の関係は生徒に大変な影響を与えます。仲が良い学年集団が担当している生徒たちには、どんな苦難もなんとか乗り越えることができる力が育ちます。なんか、とりとめもない話ですが、なんとなく「人と仲良くなる」ための気持と技術の必要性が感じられたら幸いです。
 勉強会への参加を躊躇している人は、教員や是非とも教員になりたい人たちに影響を受けるほうがいいんです。時には自分の考え方と全く違った人と出会うことがあります。そんな人と会うことが学校では多いんです。そんなとき、その人の気持になって、「仲間だから」「あなたは大切な人だから」と一緒に頑張れる心を教員になる人にはもってほしいんです。なかなか自分の思っていることを言い出すことはできませんが、それをしないと自分も相手も教員に近づくことができないと思うんです。それができる空間、仲間の気持をわかちあうことができる空間なんてなかなかありません。浩の教室にいる人間は熱く、浩の教室の空間そんな空間です。どんな扉も叩かなくては開かないんです。知識重視の勉強も大切ですが、是非とも、浩先生はじめ、熱い思いを持つ人たちと接してほしいと思います。私たちは、なぜここにいるか。それは「あなた」のためにいるんです。「あなた」はなぜここにいるか、それは「私」のためなんです。そういった心を学べる環境がここにはあります。教員を目指すみんな、将来、私を助けてください。頑張れ!

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府中学英語2006年合格 HN 島さん(女性)
 私は2次試験の対策としてこちらの教室に参加させていただきました。勉強会当日は面接と討論に分かれていたのですが、私は討論の方に参加させていただきました。
 面接の練習を受けている方を見学することができ、他の人の受け答えを見ることにより、客観的に面接を受けとめることができたのが良かったと思います。
 他の人のいい部分と悪い部分を見ることで、自分の面接の受け答えを再考するキッカケにもなりましたし、どのような質問がくるのか、また、どのようにつっこまれるのか・・・ということがよくわかりました。
 また、私自身が面接官のようなつもりで練習されている方を見ていたので、面接を受けている方の答えに対して面接官がどう感じるかということが分かったというのもよかったです。つまり、面接官の視点で面接を見ることができたわけです。
 また、面接個票の添削をしていただいたのですが、その際もメールで丁寧に、想定される質問やそれに対する受け答えから受ける印象等も率直にお答えくださったので、自らの個票や受け答えを再考することができました。
 面接当日も個票に対する答えは全て用意した状態で挑めたので、あまり緊張することもなく、自分のペースで面接を受けることができました。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

大阪府小中理科2006年合格 HN HMさん(女性)
  勉強会に参加した感想  勉強会に参加したきっかけは、去年の今頃、同じ大学の昨年度大阪府採用試験の合格者に勉強法などの話を聞いて、勉強会のことを知り、参加することにしました。
 参加して色々な方と知り合うことができました。ライバル意識よりも仲間意識を持って勉強することができました。また、大学生とは違って、社会経験のある方々との勉強はとても刺激的であり、自分の未熟さに恥ずかしささえ覚えることも多々ありました。長い期間を見通した勉強法にどうしようと悩んでた時もありましたが、自分の勉強法を確立するためにも色々な人と話せて良かったです。
 勉強会に参加することに悩んでいる方もいると思いますが、夢にむかって何事にも挑戦する気持ちは持つべきだと思います。一人の勉強では得る事のできない情報、資料、仲間、たくさんのことが得られます。得たあとは自分の頑張り次第ですが、まずは踏み込んで見ることをお勧めします。

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

トップページへ 浩の教室・トップページへ